2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.06.11 (Sun)

どじょう祭り!?

ひとつ前の投稿の田植えの続きです。

今回、田植えに来てくれたメンバーの目的は、実は田植えではなく、『どじょう祭り』を我が家でやることです、、、

何だ、どじょう祭りって❓

生きたままの天然のどじょうをお取り寄せして、みんなで料理して食べよう!という持ち込み企画です。

どじょうは、クール宅急便で、遠路はるばる新潟からやってきました。専門の漁師さんが獲ったものだそうで、あらかじめ一週間、泥抜きもしてくれているとのこと。

どじょうは、当日の朝届いたのですが、死んでしまうと味が落ちるのが早いため、受け取ったらすぐに大きなバケツに入れて、水を変えて酸欠にならないようにしないといけないそうです。

朝からどじょうと格闘^_^;

そして、仲間も集まり、田植えして、、、

田植えが終わったら、、、

そう!田んぼにどじょうを放流!

20匹くらいかな。



放流したのは、『まどじょう』とよばれている日本の在来種のどじょうだそうです。



元気に田んぼへと泳いで行きました!
育ってくれるかな~^_^


では、残りのどじょうをいただきましょう^_^



このふたつの違い、わかりますか?

左が『まどじょう』、そして、右は『しまどじょう』だそうです。

『しまどじょう』はさらに美味しく、めったに手に入らない貴重な種類だそうです。

からあげ!


これ、本当に臭みがなく、甘い!
全員が思わず「美味しいーー!」と叫ぶほど。
あの臭みのあるどじょうのイメージを一変する美味しさでした。

この後は、『まどじょう』で柳川を!

スキレットで柳川鍋もオツですね^_^

『まどじょう』も新鮮だから美味しく、夢中になって食べてたので、アップの写真がありません^_^;

ということで、今回のどじょう祭りは大成功でした!やみつきになりそうです。

その後は、いつものように、BAR RIOでサルサあり、トークあり、なぜかMichaelJackson追悼ありで、盛り上がり続けたのでした^_^

皆さん、ありがとうございました!
秋は田んぼで、どじょうすくい祭りかな~

追記)どじょうは、田んぼの泥をかき混ぜてくれるので、除草剤をまかない我が家の田んぼでは、草の光合成を抑え、雑草が伸びるのを抑制してくれることになってます。頑張って‼️








23:16  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.09 (Fri)

田植えです!

苗づくりは残念ながら途中で断念しましたが、頂いた苗で田植えをしました!

我が家がお借りしている田んぼは昨年と同じ田んぼで、広さは3.3畝〈330㎡〉

以前は田植えや稲刈りをイベントにして、事前に募集告知していましが、これだと苗の成長具合に関わらず田植えや稲刈りをしないといけないので、今は、苗の成長に合わせて判断して、基本、我々夫婦だけでやることにしています。

ただ、今回は、東京方面から遊びに来てくれた常連の仲間8名や、地元の大学生7名もお手伝いしてくれることになりました。ありがたや!

田植えの前に、まずは、苗取りの作業。


頂いた苗は、育苗箱に入っていて、スポンジの上に育っています。このスポンジは土にかえるので、このまま植えることができるのですが、できる限り根を綺麗に残すために、事前に苗を水に入れてほぐしておきます。





思ったより大変で、1時間半かかりました^_^;



美しい^_^


今回は苗づくり断念に加え、さらに残念ではありますが、いもち病などに効く薬も使うことにしました。

「ツインターボ」という薬が良いそうですが、在庫切れで、代替え品のこちらをJAで購入しました。これを、苗の根の部分に振りかけてから、田植えします。育苗箱1枚に50gです。

これも良い勉強です。

田んぼどうしが隣接していたり、給排水の水路を共用しているので、自分の田んぼだけ無農薬でやるのは、なかなか容易ではありません。

徐々に腕を上げながら、低農薬から無農薬に近づけていきたいと思っています。


では、いよいよ田植えです!


今年も田植え紐を両脇で引っ張りながら、均等に植えていきます。


1時間後、順調です!

笑顔ですが、結構、足にはきてるようです^_^;


あと少し!


1時間半で、完了!!


お疲れ様でした!

そして、待望のお昼ご飯です。

本日のメニューは、ベジカレー!

甘酒を使ったカレーや、我が家の畑でとれた野菜たちです。

この後は、みんなで温泉へ(^^)
やっぱり、みんなでやると楽しいですね~

皆さん、ご協力、本当にありがとうございました!

そして、大人は夜の宴会へと続く、、、



23:38  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.04 (Sun)

苗作り断念

苗作りその後です。

6月3日、苗の育ち具合に合わせて田植えの予定を遅らせ、なんとか苗を育てきました。ようやく5分けつ(葉が5枚に分かれる)まで成長したものの、やはり黄緑色で小さいままです。




小さいながらも育って来たなと自分たちは思っていたのですが、となりの田んぼのおじさんから、「こりや、病気が出てるな。苗はやるから、残念だけどうっぱらっちまえ(捨てる)」と。

とほほ、、、

おとなりさんの田んぼは、我が家の田んぼの水路の下流にあるので、我が家の田んぼの水が流れ込むこともあります。よって、病気が、感染る可能性もあります。

なので、素直にあきらめる事にしました(涙)


気をとりなおして、こちらの頂いた苗で、来週は田植えの予定でーす!



【妻コメ】苗を抜いて、土を落として畑の横にうっちゃる作業は…辛かった~(>_<)でも、下の田んぼに病気をうつしちゃう可能性もあるとなれば…しかたないな…。
ほんま、とほほです。
21:52  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.25 (Thu)

米の苗作りに異変が

今年も陸苗代という方法で苗を育てています。
4月8日の種まき当初、上から土をかぶせ忘れ、種がスズメの餌になったり、種が乾燥するというトラブルがありましたが、幸い3日目に気づいたので、その後なんとか成長を続けています。

5月21日の状況。
3月27日の浸種から55日目、種まきの4月8日から 43日目です。

寒かったためか、生育はゆっくりで、やっと3枚葉になりました。毎週、着実に伸びてます。

しかーし!

その4日後、5月25日の状況です。


よく見ると、苗か黄緑色になってます。


風と土の自然学校のうめちゃんや、都留のNOSAIが相談にのってくれました。病気ではなく、栄養不足ではないかと、、、

確かに苗床は、昨年の田んぼの一部を使っており、今年も肥料はまいていません。
昨年、籾枯細菌病になった原因のひとつが、栄養過多で、稲が濃い緑になっていたのも、そのあらわれだったと思います。長いこと耕作していなかった土地で、草刈りだけは年数回してくれていたので、枯れ草が栄養分となっていたようです。なので、今年も、引き続き肥料をまかないで良いと思っていました。

しかし、緑が濃くなるのは、窒素過多だったのかもしれません。今回、足りないのは、3大要素の残りの2つ、リンとカリウム?かもしれないそうです。窒素は、巻きすぎると良くないそうですが、リンとカリは大丈夫だそうです。

そこで、有機用のリンカリ肥料をまくことにしました。

これ、鶏糞を焼いたものです。

さて、どうなるのか、、、

【妻コメ】
いやー、今年も出だしから前途多難。はい、その原因の一つは私です。芽出し済みの種もみを蒔いたら、土を被せ、その上から籾殻くんたん、切り藁、藁の束と被せて、寒冷紗のトンネルという手順なんですが、どういうわけだが、ぼーっとして土をかぶせる前に籾殻くんたんを被せてしまい、そうすると真っ黒になって何だか土を被せたような気になってしまい、土なしの上に藁と寒冷紗という状態で3日間放置。うわ~ん、稲ちゃんごめんなさい~!籾殻くんたんに水分吸われて、さぞ喉が乾いたことでしょう…。でも、芽を出してくれてありがとう~!!と感激したのもつかの間、怪しい黄色い葉が… どーなる苗ちゃん!



19:41  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.14 (Sun)

山菜採り

ずっと行きたかった山菜採りに誘われ、連れて行ってもらいました!

場所は有名な北富士演習場。都留から車で30分です。ここは自衛隊の演習場ですが、土日は地元の人たちの山菜採りのために解放されています。

誘っていただいたご近所の方と朝3時に待ち合わせして、4時前には到着。すでに、沢山の車が乗り入れていて、車の周りで山菜を散策しています。

我々も薄明かりの中、わらびを探しはじめました。

あった!


その後も、チラホラしか見つからず、「まだ、1週間早えーな~」とか言いつつ、1時間ほど散策しました。

早朝の朝霧の中、歩いているだけでも気持ちい!途中、鹿が二匹飛んでました。


おっと!わらびの群生が!

場所は内緒です^_^
とは、言っても説明できませんが、、、

わらびの他にもこんなのや、、、

地元ではウラジロと呼んでるそうです。

こんなのも、、、

山ウドです。

ということで、2時間くらい散策して、背負いかごにいっぱいになったので、終了^_^

帰宅後、わらびの太いのは塩漬けにして、若い芽は天ぷらにしていただきました。


うまーい!!
やはり、野生の山菜は味が濃いです。

来年も行こっと‼️
ご近所さんと、自然に感謝、感謝^_^
22:48  |  野菜全般  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT