2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.30 (Sun)

田んぼにお酢撒く!

今年も田んぼに異変が!
昨年同様、緑の濃さにムラが出てます。



原因として一般的に言われるのは、「化成肥料が多すぎ」。もちろん、我が家の田んぼは化成肥料は使ってないのですが、この田んぼは、休耕田の期間が20年以上と長くなっているため、土の成分バランスが、稲作に適さない状況になっており、窒素過多となっているそうです。

本来であれば、稲は日光を浴びて光合成すると、吸収した窒素がたんぱく質に変化するのですが、日光が足りないと、窒素過多(いわゆるメダボ)となり、緑は濃くなるものの、虫が付いたり、細菌に弱くなったりするそうです。確かに緑の濃い葉は柔らかく、まっすぐ立たず葉が開いてきており、いかにも弱々しくなります。

そこで、お酢をまきます。

なぜならば、、、

お酢に含まれる炭水化物と窒素がくっつくとたんぱく質になるからです。
お酢には炭水化物が含まれており、稲の余分な窒素とくっつけてあげることで、光合成と同様の状況をつくり出し、タンパク質を作ることで稲を元気にしつつ、余分な窒素も消費してあげるというこです。



化学の世界ですね。
そして、効果はいかに⁉️

【追記】その後2回、3週連続で週末にお酢をまきました。水も基本切った状態です。乾いたら入れる程度ですが、雨が多くてほとんど水は入れていない状態です。その方がいいらしい。
そして、こんな状況です。


少し明るい緑の部分が増えたようです。お酢を撒いた翌日には、稲がビンと立っていたので、効き目はありそうですね^_^



17:17  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.09 (Sun)

田んぼの草取り

暑いです、、、


田植えから4週間が経ちました。

2週目にもブイホーという新兵器で草取りしたからか、水切りを何回かしたからか、草はそれほどありませんでした。(詳しくは2つ前のブログ記事をご覧ください)

でも、ここで、しっかりやっとかないと、一気に生えてくるですよね~。

稲は順調です^_^

梅雨で雨が少ないのが気になります。
山から来る水も少ない気がします。
さらに、水道の水圧も低いです。
ちなみに我が地区の水道は、市や水道局ではなく、自分達で管理してます。

20:25  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.25 (Sun)

煙突掃除

チムチムニー、チムチムニー、チムチームニー♬

昨年、薪ストーブを導入したので、煙突掃除ははじめての経験になります。

やり方は色々とあるのですが、我が家の薪ストーブはコンパクトサイズなので、夏場は移動させることもあり、室内の煙突も外して掃除することにしました。

外したら、天井に突き出ている煙突管にビニール袋を取り付けて、屋根の上から、専用のブラシで煤を落とします。

中を見ると、、、


結構、煤が付いてますね。
でも、ブラシで簡単に落ちました。

外した煙突もブラシで掃除したあと、本体と煙突を補修塗装もしました。

耐熱塗料です。

そして、新品のようになった薪ストーブを再設置!

煙突の穴をプランターがわりにしてみました。

屋根から突き出た煙突も夏は取り外し、カバーをつけて、こんな感じになってます。



【妻コメ】
ダンナはんが屋根に乗って煙突掃除しているところ、写真撮ればよかった~!さながら、メアリーポピンズに出てくる煙突掃除屋さんのようでした^_^
11:19  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.24 (Sat)

田植えのその後

田植えから二週間が経ちました。

早速、一週目に問題が、、、


先が茶色くなっています。

お隣さんの田んぼも同じ症状になったため、一緒にこちらを撒くことにしました。

いもちや籾枯細菌病に対する抵抗性を誘導する殺菌剤、、、だそうです。
農家の皆さんがノーサイで撒いているものと同じですが、私達はノーサイにまだ加入していないのでネットで買いました。ネットって、何でも売ってる、、、


そして、一週間後、、、



無事に稲の分蘖が進み、真ん中から、元気な葉が出てきました。
薬が効いたのかな、、、

今年は無農薬ではなく、低農薬でいきます。
除草剤は撒かないので、今年初の草取りをしました。

まだ、見た目ではほとんど生えてはいないのですが、よく見ると根付き始めています。
今年はブイホーという、写真に写っている草取り専用の道具でやってみました。

この段階では、土をかき回している感じですが、細かい草がプカプカ浮いて来ます。
効果は来週見てみたいと思います。

このブイホーを見て、自分でも、アルミのクマデに針金を撒いて、同じような草取り機を作ってみました。


このクマデは、先の幅が調整できるようになってます。ちょうど、稲と稲の間隔に合わせて固定したので、快適に作業がでしました!

終わって、一息。梅雨だけど、いい天気です。



追記)夜は家の外でホームキャンプ!

鹿モモと猪バラのスモークです^_^










21:55  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.19 (Mon)

軒下につばめの巣が!

毎年、この田植えの時期になると、つばめがやってきます。今年は我が家の軒下にも巣ができました。



つばめは、主に東南アジアで越冬して、この時期、日本にやってくるそうです。

そして、水が入った田んぼの泥と枯草を唾液で固めて巣をつくり、子育てをするそうです。

巣をつくる場所は、天敵のカラスなどが近寄りにくい民家の軒下など。人の出入りが多い家やお店の軒下につくることが多い言われていたことから、商売繁昌など縁起の良い鳥とされているとか。確かにこの時期、我が家のBAR Rioには沢山の人達が遊びに来てくれていました。

さらに、つばめは田んぼの虫を食べてくれる益鳥とも言われています。いずれにしても、昔から人と付き合いの長い鳥なんですね。

一方で、つばめのふんが壁につくとなかなか落ちないそうで、新しいお家では、巣を作られることは避けたいというのも理解できますね。
古い我が家は汚れても大丈夫なんで、気にしませんが、、、

このつばめは、毎日、巣でじっとしているのですが、餌を探しに行ってる隙に巣の中を覗いてみたところ、、、



いたいた!

孵化するまで2週間、巣立つまで3週間、うまく育つ確率は50%だそうです。

暖かく見守っていきたいと思います^_^

追記)約2週間後、ついに生まれました!

三羽とも元気です^_^

一ヶ月後!

なんと5羽‼️



08:24  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT