2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.06.11 (Mon)

【妻】雑穀の村

雑穀の村に行って来ました。
山梨県上野原市の西原、
中川智さん・仁さん兄弟のいる村。

雑穀の種をたくさんいただいたので、そのお礼がてら、手土産に雑穀料理もってお手伝いに。

今日の作業は斜面にあるこんにゃく畑の草とり。
傾斜地では、土が崩れ落ちるのを避けるために、草をとるのも、鍬で耕すのも、傾斜の上に立って下に向かってやるのだそうです。
坂を下にして立って屈むとむっちゃ腰に来るので、ぺたんとしゃがんでおしゃべりしながら草むしり。


写真byぱんちゃん

土がふかふかなので、草もすぐ抜けちゃいます。
きっと草も安心してぽよよ~んとしてるんだろうな。

なんで、ここの土はこんなにふかふかなんだろう~?
と思っていたら、西原在住のぱんちゃんが
「耕運機で耕した土はカチカチになっちゃうけど、鍬でうなった土は土が細かくなりすぎないから、ほろほろとしてやわらかい」と教えてくれました。
全然違うんだって。

それに加えて、落ち葉を入れたり、刈った草を寝かして混ぜ込んだり、そういう昔ながらの作業の積み重ねがこのふかふかの土を作っているんだろうな。


写真byぱんちゃん

こんな土だと作業は何倍も楽だし、楽しいなぁ!

中川智さん・仁さん兄弟は本当に働き者。誰よりも早くから誰よりも遅くまで働いているんだって。

この日も草取りの作業を終えてトラックから降りたら、智さんがもう屋根の上にいて、干していた作物の種取りをしていました。
いつのまに上がったのかしらん?
っていうぐらいの早業。

でも、休む時はちゃーんと休みます。
お昼ご飯も、おやつの時間も、結構のんびりおしゃべりしたり、昼寝までしちゃったりして(しかも猫を枕に!)。
「呑気かっ!」って突っ込みたくなるぐらい。


↑猫のチビちゃんを枕に昼寝中の智さん。

私は、一人でやっていると、数分休んで、つい、そそくさと作業を始めちゃうんだけど、このぐらいゆっくり休んだほうがメリハリが出て、効率もいいし、きっと怪我や失敗も少ないんだろうな。

この日の午後の休憩は、村が一望できる高台で。
ここから見ると、誰が何を育てているか、草をはやしているかどうか、それどころか、リアルタイムで何をやっているかすら、丸見えのスケルトン状態です。


写真byぱんちゃん

ずっとここに暮らしていたら、これを窮屈と感じる人もいるかもしれないけれど、その向こう側にはなんとも言えない安心感があります。
昔話に出てきそうなこじんまりとした小さな集落。
本当にかわいらしい村。


写真byぱんちゃん

一日の作業を終え、田んぼの水見があるから帰らなくてはならない時間になって、屋根の上の智さんに一言お礼を言おうと呼びかけたけど、智さん、作業に 夢中で 気づかない。
「さとしさーん」
「さとしさーん」
「さとしさーん」ぱんちゃんも一緒になって呼んでくれます。
「さとしさーん」
きっとね、夕方の寂しい時間に人が帰っちゃうのが寂しくて、耳、閉じてるんだろうなって、勝手に思った。

「さとしさーん、帰りまーす。ありがとうございました~」
「ん~?もう帰るの~?夜ご飯食べてきゃいいじゃん」

来た!さとしさんの「 夜ご飯食べてきゃいいじゃん」

なんかね、さとしさんに言われるとキュンとしちゃうんだよね。
ありがたく、去りがたく。

ほんのひと時一緒に作業をさせてもらっただけなんだけど、ふわっと緩やかな繋がりができて、ほんのり名残り惜しい。

でも、田んぼが待ってるから、かっこよくさっと帰ります。

今日も、西原の土みたいに柔らかでフカフカで、ほんのり幸せな一日をありがとうございました。

ぱんちゃんも、一緒に作業してくれてありがとう!とっても楽しく幸せでした♪
08:19  |  雑穀  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.05.25 (Fri)

建築の日本展 待庵

2018年4月から9月まで、六本木ヒルズで開催されている「建築の日本展」に行ってきました。


「日本の建築展」ではなく、「建築の日本展」ってのがミソですね。

ますは、ざっと、チラシやパンフをご覧ください。











皆さんはどれに興味がありますか?
私はこれでした。



再現された待庵


中に入ってみました、、、


しばらく座ってじっとしてましたが、本当に落ちつきます。

大きさ、色、かたち、機能、、、
遊び心があるのに無駄がないと感じました。


その他にも魅力的な展示がいっぱいあります。





私が今回の展示を観て、あらためて感じた日本らしさは「自然との境目が曖昧である」ということです。

日本では四季の変化に対応して暮らしていく必要がありましたが、自然に無理に逆らうのではなく、その季節毎の良い部分も取り入れていくというブラスの発想が多く見られます。

ひさし、縁側、障子、高床、石の基礎、木の反り、、、

電気やガスが普及した現代でも、こう言った先人の知恵や粋なデザインに何か惹きつけられるのは、このポジティブな姿勢なのかもしれないと思いました。

また日本の風土や人が好きになった展示会でした(^-^)


18:56  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 可動囲炉裏

やっぱり古民家といえば、囲炉裏ですよね~^_^

とはいえ、部屋を色々な目的で使いたいので、部屋の真ん中に囲炉裏があるのは、ちょっと不便です。

色々とネットで調べたところ、可動式で床に置くタイプの囲炉裏がありました。気になる方は「アウベルクラフト」さんが出している「薄型囲炉裏キット」で検索してみてください。

キットの組み立ては、のんびりやって2時間くらいでしょうか。その後、部屋に合わせてウォールナット色に塗装。


そして、囲炉裏といえばこちらも!

そう、自在鉤(かぎ)です。

自在鉤、新品も売ってはいますが、使い込んだものが欲しかったので、ヤフオクでゲット。
この、ちょっとブサイク魚が気に入ってます^_^

ちなみに魚は水の中にいるということで、火災避けのお守りだそうです。
さらに、魚にはまぶたがないことから、居眠りなど、火から目を離さないようにという意味があるそうです。確かに我が家の魚も目を見開いてる!

日本って豊かだな~と感じたのでした。

これで、古民家の雰囲気が出できました!



この囲炉裏は薄型なので薪は使えません。炭を何個か置いて、じっくり魚を焼いたり、鉄鍋をあっためたりする用って感じです。

こんな感じです。


使い込んでいくぞ~(^ν^)






21:09  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 ミラー設置

空き家改修の中で、かみさんの一番の要望は「大きな鏡が欲しい!」てした。もちろん目的はサルサレッスン^_^

そこで、大型の鏡をネットで探したところ、ダンススタジオやスポーツジムで使われているミラーは、ガラスではなくアルミのミラーが多いことがわかりました。


そこで、アルミミラーをオーダーし、高さ190cm 幅90cmを4枚購入。


ここからが大変な作業でした。
我々が今回のDIY大工作業を行うにあたって、棟梁をおねがいしているかずさんに相談して、設計してもらいました。

パネルの裏側には、たるきを十字で組んであり、
ボンドで貼り付けています。さらに、念のため、角を小さな金具で固定しています。そして、このパネルに、小さな車輪をつけて、床にはレールを設置。ふすまのように、横にスライドできるようにしました。

そして、ミラーを使わない時は収納できるように戸袋を作りました。

1×4の柱を3本立てて、壁と同じ野地板をはっていきます。

設置完了!!

【ミラー収納時】

一番右側が戸袋です。壁と同化して、ミラーがあることがまったくわかりません。

【ミラー使用時】


忍者屋敷みたいです^_^;


まだ、鏡には保護シールが貼ってあったり、床も養生してありますが、、、


すでにテンションアゲアゲなサルセーラたち^_^










19:10  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 露天風呂

念願のヒノキ風呂です!

それも、満点の星空の下、入りたかった露天風呂!!

河口湖にある「ふじやま工芸」というところが、キットを出されていることを3年前に知り、いつかは設置したかったのです^_^

届いたキットはこんな感じです。


これを男2人で組み上げました。

2時間程度で完成!

その後、薪と灯油の兼用風呂ガマを設置し、煙突を取り付けます。これは、一日仕事でした。


その他、排水管の設置が一日なので、合計3日くらいかけて完成です。

メインの夜の雰囲気はこんな感じです。


間接照明も竹ひごのシェードでいい感じです。


入りました^_^


もちろん、これは写真用で、いつもは外から見えないように、タープをかけて入ります。


天井は空いているのと、タープの高さは変えられるので、星空もバッチリ見えて、ヒノキの香りも最高です。

入った皆さんからも大好評!!
でも、もうちょっと進化させますよ~^_^



追記)風呂のカバーを作成しました!

後ろ側の窓がカウンターになっているので、このカバーに座ると、カウンターバーのようになります。もちろん、テーブルとしても使えます。

そして、お風呂に入る時に、このカバーを開くと、、、

腰壁に早変わり!!

これまでは、タープで覆っていましたが、腰壁とタープを組み合わせたことで、安心感が生まれました(^-^)





18:11  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT