2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.17 (Wed)

【妻】畑で野菜を

「畑で野菜を」ってタイトルですが、カテゴリーは「野菜全般」ではなく「暮らし」。

なぜかというと、畑で野菜を育てる話ではなく、畑で野菜をもらう話だからです。

ウチの畑は、まだ今年始めたばかりで土もできていないし、右も左もわからぬままのいい加減農法だし、無農薬無肥料のナンチャッテ自然農だし、鹿留は寒冷地だし(なんと、最低気温、最高気温が日々山中湖と同じ!あの避暑地の山中湖とですよっ!)、育ちはとっても遅いので、収穫物はまだほんのわずか。

あ、でも、先日キュウリと食用ほうずきができました~!^_^



しかしですねぇ、畑にいると、野菜がもらえるんですよ。

とにかく外に出る。
これ、移住したときの極意ですね。

いくら人間関係の豊かな土地に住んでいても、自分の家に引きこもっていたら誰も訪ねてきてくれません。

自分から出ていかないと、結局、家で一人、誰とも話さずに過ごす、なーんてこともあるかも。

私も、全然社交的じゃないので、初めのころは、用事のとき以外はずっと家で片付けなどしていて、ほとんど誰とも言葉を交わさない日もありました。

でも、畑を始めたら、必然的に外に出ます。
そうすると、いろんな人が見ていて、結構声をかけてくれるのです。
「大変だねぇ」とか、「よくやるねぇ」とか、「何植えたの?」とか。

そんな中に「○○食べる?」っていうのがあって、「食べます食べます!」っていうと、もらえます。その○○がっ!

たとえば、こんな感じ。


「いただきもの天国」のところでも書きましたが、ここらの人は野菜作りにも年季が入っているので、育て方が本当に上手!
すごい立派な野菜を山のように作ってます。

で、食べきれないから、ウチみたいなへなちょこ畑を見つけると、愛の手を差し伸べてくれます。

ってなわけで、畑に出ると、野菜がもらえます。

「畑で野菜を」の述語は、「もらう」が正解でした。
日本語のテストでそう書いたら、×にされそうだけどね~!

まとめると、
「移住してその土地の暮らしを楽しみたいなら、とにかくやみくもに外に出よう!」
です。

そんなに社交的じゃなくても大丈夫です。
私もそうです。
社交的じゃなくても、自然が豊かなところって人間も自然体。全体的に人と人との垣根が低いから、自然に話せるの。

だから、ちょっと引っ込み思案な私にはちょうど心地よいのです♪
スポンサーサイト
18:49  |  暮らし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/80-d4f0f820

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |