FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.06.23 (Sun)

【妻】母の傾眠傾向

本当にまあ、次から次へと
いろいろ起きてきます。

これまでも寝ている時間が多かった母ですが、

今回の一時帰宅では、

食事以外はほぼ寝ていて
(横になっているだけでなく、
ぐーぐー寝ている)、

食べながらもコクリコクリしてしまうぐらい。

口だけはモグモグしていますが、
目は完全に瞑っていて、

まっすぐ座っていられず、
父にもたれかかってしまいます。


おやつタイムの2人。
「仲が良さそうでつっかえ棒!」
(以前の母の名言)


これ、「傾眠傾向」と呼ばれる症状のようです。



原因はいろいろで、母の場合、
痛み止めのリリカや、モルヒネパッチかなぁ。

でも、ずっと前から使っているのに、
こんなのは、初めてです。

全体的に体力が落ちているからなのか?

痛み止めに限らず、長年の薬の蓄積が原因の可能性もあるそうです。



夜も、寝る前にリハビリパンツを履き替えるのを嫌がり、なかなか履き替えてくれません。


とにかく何をするのも億劫。
特に人に言われてやるのは、なおさら億劫。


なんとか一段落し、
今日は父が母のそばで寝てくれるというので、
私は2階に上がって寝たのですが…


ウトっとしたところで、
父からのヘルプ・コール。

母、半分リハビリパンツを脱いで
おしっこをしてしまい、
パジャマやシーツを汚してしまっているのに、
起きて着替えることすら嫌がります…

こんなこと、今まで一度もなかった。


なだめても、すかしても、
頑として動かず、
無理に動かそうとすると、とても嫌がります。

「嫌だ~」
「何もしない」



熱も特になく、血中の酸素濃度も脈も正常。

どうしちゃったんだろう?


小一時間かけて、
根気強くいろいろと働きかけていたら、
ずっと瞑っていた目が、なぜかパッとあき、
その瞬間に父と目が合うと、なぜか大笑い!

その勢いでなんとか起きてもらって
パンツとシーツとパジャマを取り替えます。

そして、真夜中の洗濯。


父、またすっかり自信をなくして、
「ああ、情けない」
「もう自信ないよ」
を連発。


散歩に連れ出したときは、
昔の父復活かと思ったんだけどなぁ。


うわーん、お父さん。
お父さんは何も情けなくないよ。

私たち、精一杯やってるよ!

・・・なーんて、心の中で父を慰めていたら、
私より先にいびきをかいてます。


案外たくましい父であった。

よかった^ - ^;


ついしん1
父、その後、夜6回起こされたそうです。
父が倒れてまう!>_<
っていうか、わたしが変わればよかったのに、
何やってんだ、わたす>_<


ついしん2
主治医と相談の結果、ひとまず痛み止めのリリカをやめてみることになりました。


ついしん3
父の要支援申請について、改めてケアマネさんに電話して、手順を具体的に一つ一つ聞いたら、全体の地図が見えてきて安心したのか、父、また申請に向けてやる気になってくれてます。

また、ケアマネさんに「コープくらしたすけあい」のお掃除サービスや、調理サービスのことも教えていただき、早速電話をしてみたところ、とてもいい感じ。

今度、私が帰省する際に、コーディネーターが話を聞きに来てくださるとのこと。ありがたい!


ついしん4
すみちゃん(ダンナさんの妹で介護の仕事をしている)によると、看取り体制に入って、薬をやめたら状況が好転して、そこから2年も生きた方もいらっしゃったとのこと。


介護は、
行き詰まりかと思うと、少し光が見え、
の連続ですね。


何が起こるかわからない中、
いろいろなサポートが、ほんとにありがたいです。















スポンサーサイト



23:28  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/305-e39bd3ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |