FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.06.22 (Sat)

【妻】父の要支援申請


父が、だんだん大変そうになってきました。

もともと緑内障で目が見えにくいのですが、

先日は、ひと玉の1/4ぐらい余った玉ねぎを、翌日のみそ汁にでも入れようと思って、器にポンと置いておいたら、

それをご飯だと思って、ラップして温めて、お茶碗に移す段になってようやく気付くという事件?があり・・・

すごく心配になってしまいました。


「母に家に帰ってきてもらう」

という目標に向かって、二人三脚でがんばってきたつもりでしたが、

途中、母がインフルにかかったり、

脚のけがをしたり、

少し調子が上向きになったと思うと、なにか邪魔が入る感じで、

なかなか実現できませんでした。



その、実現できない要因の一つに、
とうとう、「父の衰え」というのが入ってきてしまいました。



母の認知症がひどくなる前までは、
父は毎日散歩をしていました。

そして、本当に80代には見えない元気さで、溌剌としていました。


この頃は、まだまだはつらつ父さん




父は、緑内障の目薬のせいで、脈が遅くなってしまう「徐脈」という症状があります。

そのせいで、午後になると頭が痛くなるそうなのですが、

散歩をすると、ふくらはぎのポンピングが活発になるためか、
頭の痛いのも治り、調子がよかったのです。


でも、母の認知症が進んできてからは、散歩にも行けておらず、この一年で急激に衰えてきてしまったように感じます。


いろいろ考えた末、父も要支援を取った方が、母を迎えやすいのではないか、

そうでなくとも、要支援を取っておけば安心じゃないか、

と思い、先日、父にそう提案したら、「そうだね」と、やけにすんなり承諾してくれました。

なのですが、、、

ケアマネさんにその話をし、いざ書類を揃える段になって、「主治医がいないから」と父、却下。


こうなってくると、母に家に帰ってきてもらう目処も、なおさら立ちにくくなってしまいます。

うーん。

着地点が、、、

見えない。


そう思うと、そわそわフワフワと落ち着かず、遠い目になってしまう自分がいます。


父にも、母にも、私にも、優しい着地点は、どこかにないものか?


もう何が起きるかなんてわからないし、母のことも、他のことも、基本、流れにお任せするしかないなぁと思ってはいるのですが、

どこかで「この状況をなんとかコントロールしなきゃ」って思っているんだろうな、私。

だから、着地点がみつからないと、そわそわ落ち着かなくなっちゃう。
とほほ。


まー、なんとかなるさ、
なんくるないさぁ~!



作り置いたおかずには、このぐらい大きい字の説明書きが必要、の図。



ついしん

今日は、父を散歩に連れ出し、1時間ぐらい歩いてきました。気持ちよかった!

父の脚力も、体力も、気力も、散歩習慣を取り戻せば、まだまだ復活しそうな予感♪
よかった!!!

気持ちいい散歩道のある環境って、ありがたい♪


そして、屋外活動ついでに、庭の梅の収穫も。


梅をとる父



とられる梅。南高梅だから、デカイ!



今年は豊作だぁ~!!!

重いけど、少しもらって帰って
梅干し漬けようっと。


父とどっちが美味しく漬けられるか、競争だ!























スポンサーサイト



16:16  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/304-27af4cfd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |