FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.02.26 (Tue)

【妻】大人の資質

インフルエンザによる高熱で緊急入院後の母。
いったん治まった熱が尿路感染症でまた39℃になったり、
それが治ったら腸炎になったりで
なかなか退院できなかったのですが、
約3週間後の先日、ようやく退院しました。

3日前ぐらいに突然「◯日に退院です」となり、
あれれ?まだ流動食で、しかも、食欲がなく、
出された食事の1/3の位置ぐらいしか食べないということだったし、
寝たきりでいたから、立つこともできなくなっていて、でも、リハビリもほとんどできていないし、
この状態で退院で大丈夫なの~?
と思っていましたが、
病院からホームへの引き継ぎもあり、ホームの方も慣れた様子で落ち着いて受け入れてくださったので、心強く、ほっとしました。

食欲も、退院したら、なんのなんの。
ホームのご飯をパクパク食べて完食!
単に病院の流動食が美味しくなかっただけみたいです。

今日はなんと、私が自分の昼食用に持っていった小さなおにぎりも1つ平らげてしまいました^ - ^;

脚力が衰えて立つことはできない状態ですが、
腹筋が強く、寝た状態から体を起こすことはなんとかできるので、これも一安心。
またすこーしずつリハビリです。

自分で立ってトイレに行けるようになるまでは
おむつの中で排泄となってしまうわけで・・・そこは本当にかわいそうだけど、仕方ないね。
母もそれが一番嫌みたいです。

だから、リハビリもとても張り切ってやってくれます。
「浩子がいると、すごいすごい、こんなことができて!と褒めてくれるからやる気になる」
そうです。

とくに褒めているつもりはなく、1か月病院で寝ていたわりに、
案外できることが多いので、すごいね~って素直に感嘆していただけなんですけどね。

それにしても、「褒められるから嬉しくてやる」って、なんだか子供みたい。

子供みたいといえば、母、退院後、
以前より増して寂しがり屋になってしまい、
そのおかげか、電話をかける技術がすっかり身について、最近は夜、時には夜中に父に電話がかかってくるそうです。

「寂しい」とか「いつ来るの?」とか「今日はもう来ないの?」
とか言うそうですが、
ホームの面会時間は9時までだし、それでなくても、父は朝も昼も入り浸ってるし、
父としてもなんともしようがなく、「また明日行くからね」と返事をしているようです。

父と私で一緒にホームに行った時に、
母の買い物を頼まれて、自転車で来ている父がスーパーに行くことがあるのですが、
そんな時に父の帰りがが遅いと、こんな会話が交わされます。

「お父さん、遅いね。大丈夫かな?(自転車で転んだりしていないか心配な娘。何しろ87歳なので)」
「遅いねぇ。お父さんはいっつもなかなか帰ってこないんだよ。朝もなかなか来ないしねぇ(不満げな妻)」

お母さ~ん!お父さん、むっちゃ来とるでぇぇぇぇ!
しかも、買い物、全部お母さんのものやでぇぇぇ!

と思うけど、「父が来るのが遅い」という母の想いはどうしてもリセットされないみたいです。

父は「すっかり頼りにされちゃって」
と、困った風だけど、ちょっと嬉しそう。


颯爽と?マウンテンバイクに乗る87歳。

父曰く
「子供みたいになっちゃったね。みんな孤独を感じているけど、その寂しさに耐えられるのが大人なんだと思ってたんだけどねー」

そうか。
父の「大人」解釈を初めて聞いた。

「寂しさに耐えられるのが大人。なるほどね~」と、ちょっと感慨深い娘でありました。
とさ。


P.S.
最近の母は、かなり回復してきて、いろいろできるようになってきたのに、歩けないばかりにオムツ。

意識がかなりはっきりしているだけに、これがやはり気持ち悪いらしく(わかっていてオムツの中で排泄って、そりゃ、私だって嫌だわ)、連夜オムツ外しをしてしまい、シーツなどの総取っ替えが続いたとのことで、硬いボタン付きの脱ぎにくいズボンを履くことになってしまいました。

かわいそうになぁ。
オムツ外しの大変さは父も私も十分すぎるほどわかっているので、対応してくださっているホームには、ただただ感謝です。
それでも、やっぱりかわいそう。
なんにもできず、もどかしい。

気持ち悪い時は、勝手にオムツを外さずに、ナースコールのボタンでスタッフさんに来てもらって、オムツを変えてもらったらいいんですけど、夜になると寂しさもあるのか、頭がこんがらがってしまうみたいです。

はぁー。一難去って、また一難。

あーもーーーーっ。
毎日リハビリやって、早く自力でトイレに行けるようになろうね!

と、願うしかない娘です。








スポンサーサイト



10:31  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/291-bfa4e1d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |