FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.10.24 (Wed)

【妻】母の変化③


前回、前々回のつづきです。


今回の帰省、2日目を終えて、父の「人が変わってしまった」の意味がだんだん身にしみてわかってきました。


これまでボケてはいても、ゆっくりゆっくり話せばだいたいの意思疎通はできると感じていたのですが、とにかく言葉が出ない。表情が動かない。身体がコントロールできない。そんな状況です。

それなのに、今日は、都留に帰らねばなりません。

この日、母はデイケアの日なので、私が到着した時間には、ホームから隣接するデイケアに行っていました。

デイケアの入り口から中を覗くと、母は、口を開けて、険しいような、それでいて表情を失ったような、そんな顔で、上を向いて座っていました。

昨日は少し調子が良かったのに、また元に戻ってしまったみたい。

私は、帰る前に少しだけでもと思い、母に会いに行ったのですが、このまま置いていくのはあんまりかわいそうで、ちょっとの間だけでもと、車椅子での散歩に連れ出しました。

座っていたソファから母を車椅子に乗せる時、いつものように手を引いて誘導したのですが、うまくいかず、少し長時間立っているうちに母の身体がガクガク震え出していましました。しかも、車椅子は後ろにあるのに少しずつ前進してしまっています。

このまま、母を立たせておいて、怖い思いをさせるのだけは避けたかったので、母の脇に前から私の腕を滑り込ませて、母を抱えるように車椅子に座らせました。

母は、帯状疱疹の後遺症で右の脇から背中にかけた部分を触られると痛がるし、私も2日前にギックリをやったばかりで回復途中だったし、この体勢、なるべく避けたかったんですけどね(>_<)

ひとまず無事車椅子に座り、ほっとしてから、あんなにガクガクさせた上に、むりくり抱えて椅子に座らせちゃったことが申し訳なくなり、

「怖かった?ごめんね、下手くそで」
と言ったら、母
「なんで?いいよ」
と、言ってくれました。


外に出ると、今年には珍しく秋晴れ。
母、外の空気を吸って、
「いい天気」と喜んでくれます。
「気持ちいいね~」というと、
「うん」と、頷いています。

デイケアセンターとホームの敷地内をぐるっと回って、少し景色のいいところで止まって、池や紅葉し始めた木々を眺めました。


本当はさ、お母さん。今日デイケアの喫茶室でお母さんが私にコーヒーを奢ってくれるはずだったんだよ。そう先週約束したのにね。

お母さんが「あそこのコーヒーはなかなか美味しいよ」って言うから、お母さんに奢ってもらうコーヒーを、とっても楽しみにしてたんだよ。

でも、外の散歩の方が気持ちよかったね。私もお母さんと散歩ができてよかった。



さて、そんなことをしているうちに、だんだん母を残して都留に帰らなくてはならない時間が近づいてきました。

そしたら、なんだかとても悲しくなってしまって、
「お母さん、なんにもできなくてごめんね」
と、口から言葉がポロリと出てしまいました。
そしたら、母、また
「いいよ」
と、気前よく、優しく、言ってくれます。

何がどう「いいよ」なのか、なんで「いいよ」なのか、そういうことを表現する言葉はもう残っていないようなのだけれど、そういう気持ちのやりとりだけはできるみたい。


お母さん、結局無力な私たちを、許してくれてありがとう。

私とお父さんには、その言葉は大きなギフトになっていくと思います。たとえどんな意味合いであったとしても。

母はポロポロ涙をこぼす私に、笑ってるような、困ってるような顔で、応えてくれました。


この3日で母から聞いた言葉。

「はい」←いろんな場面で

「うん」←いろんな場面で

「ありがとう」←いろんな場面で

「(家に)泊まりたい」←1日目の夜、母のあまりの変貌ぶりに驚いた私が「どうしたの?ここは寂しい?お家に泊まりたい?」と聞いた時(結局、今の状態では家に連れ帰ることはできそうもなく、残酷なことを聞いてしまいました)

(ケーキを)「食べよう」←1日目、少しほぐれてきた頃にケーキを食べるか聞いた時

「大変いいです」←2日目の朝、ホームのスタッフさんに今日はどうですか?と聞かれて

「うれしい、うれしい」←脈絡なく

「何かな」←「何が嬉しいの?」と聞かれて

「わあ、嬉しい」←2日目にケーキあるよと伝えた時

「わあ、すごいね」 ←ケーキを見て

「すごくおいしい」←ケーキ食べて

「浩子はかわいいからね」←ケーキを見て、「わあ、すごいね」と言った後に、なぜかこの言葉

「もう一つ食べたい」←ケーキ1つ平らげた後

「早く脱ぎたい」←パンツは既に脱いでいたんだけど、更にウンチをしたかった時

「はやくしてー」←お兄さん2人に介助してもらった時は結局オナラだけでウンチ出ず。また、すぐ後にトイレというので、父と2人でトイレに連れて行き、座らせようとしてもなかなか座れない(>_<)でも、ウンチ出ちゃう~って時

「パンツ脱いじゃダメ」←ベットの上でパンツを脱いでおしっこをしてしまう母に、私が「パンツの中でおしっこしちゃっていいんだよ。パンツは脱いじゃダメだよ」と言った時

「いい天気」←散歩に連れ出した時

「なんで?いいよ」←私の車椅子への乗せ方が下手で、誤った時

「ないねぇ」←「何かやってみたいこと、ある?」と聞いた時

「いいよ」←私が「何もできなくてごめんね」と言った時




仲良し三姉妹(35年ぐらい前)


スポンサーサイト



23:21  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/277-a55b3873

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |