FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.10.01 (Mon)

【妻】都留エンジェルズ


稲刈り後日談、パート1です。


先日、雨の中の無茶な作業で、なんとか半分終わった稲刈り。

翌日、お泊まりの皆さんを見送ったあと、心残りなまま、私たちは浦安に移動しました(私は、その日のうちに三重に移動の予定でしたが、台風の影響で新幹線が止まっていたため、浦安で一泊)

台風一過の月曜日。半端ない風だった台風の影響がどうしても気になって、ひろちゃんに、仕事に向かうついでに鹿留に寄って様子を見てもらえないかお願いしてみました。

快く引き受けてくれたひろちゃんから送られてきた写真はこちら。



ひえ~~~~~!!!

全滅。無残です。


すぐにでもハザを起こさないと、水に浸かった籾が発芽を始めてしまいます。とほほ。

哀しき週末農。やはり、人間様の都合でやるには限界がありますね。自然様の都合に合わせないと…。

でも、今年は仕方ない。
これが週末農ってもんだ。

と、諦めかけていたのですが、そこに・・・

ひろちゃんからのメッセージ。

「今から直すけど
誰か呼び掛けて良いですかーー?」

え?えええ?

も、もちろんいいけど、ひろちゃん、直してくれるの?これから仕事じゃ?え?どゆこと?


全く・・・なんて人だ。

後で聞いたら、この光景を目にして、ひろちゃんは
「これは、私がやるでしょう」と、’ 普通に’ 思ったのだとか。

’ 普通に’ っていうところが、なんとも言えず、カッコいいです。

しかも、これはついさっき知ったのだけど、ひろちゃん、自分の田んぼにも全然行けてなかったらしいです。なんで、自分の田んぼも行けてないのに、人の田んぼにそこまでできるの???


でも、きっと、ひろちゃんにとっては、「自分の田んぼ」、「人の田んぼ」とかいうより、今、目の前にあるその光景を、今そこにいる私がなんとかする、っていう、とてもシンプルなことだったんじゃないかな?と想像します。

それが、なんとも、すごくかっこいい!



さて、その少し前、実は、はのちゃんからもメールをもらっていました。

「すごかったですね!
瓦が5つめくれていました。
はざかけしたお米、大丈夫ですか?田野倉にいってきたら、あちこち倒れてました。午前でこちらの畑の直しどころは、終わるかと思います。午後からになりますが、人手が必要なら連絡下さいね」

なんと、ありがたい!と思いつつ、家主がいないので、感謝を伝えつつ、泣く泣くお断りの返信。

「きょーじも私も、今鹿留にいないので、手伝ってくれた皆さんには本当に申し訳ないけど、今年はお米、諦めます」と。


でも!ひろちゃんがやってくれようとしてるなら、ここではのちゃんに声をかけたら、なんとかなるかも!

と思い、再び、はのちゃんに連絡。

ひろちゃんも、都留の仲間に、急遽、田んぼの復旧に手を貸してもらえる人はいないかと発信してくれました。

「午後からならいけるよ」という人、「今日は無理だけど頑張って」と応援してくれる人、さまざまな声をかけてもらって勇気づけられます。



鹿留の田んぼには、結局、ひろちゃん、はのちゃん、そして、近所のくみちゃんが集まり、

まずは、稲を傍によけ、



なんと、女子3人で午前中にこの通り!!!


機転をきかせて、溜まっていた水も抜いてくれてあります。また、乾きやすいように、ハザにかけてあった稲を間引きして、一部はビニールシートの上に、乾くように広げて置いてくれてあります。



はのちゃんは、自分の畑を後回しにして、午前中に駆けつけてくれたのだそうです。

はのちゃんが駆けつけたとき、ひろちゃんは裸足になって、田んぼに入っていたそうです。

人の気配を感じて、ひろちゃんが振り返ると、くみちゃんが、お出かけ前の、バッチリお化粧済ませた姿で立っていたそうです。




これはもう、都留エンジェルズ💖



自撮り慣れしてなさすぎて、門外不出って言われてた写真だけど、顔映らないようにカットして、載せちゃいました(>_<)ごめん!



人って、人のために、ここまでできるんだ・・・

なんの見返りもなく、ここまでしてくれる人が、いるんだ・・・


ただでさえ、母のことで涙もろくなっている私は、三重に向かう新幹線の中で涙が流れて鼻水流れて、まったく、困りました。

ありがとう、エンジェルズ~~~!!!




実は、この時、もう一つの困りごとがあったんですが(笑)、それについては、次のブログで旦那さんが書くと思います。




スポンサーサイト



15:31  |  稲作2018鹿留西桂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/267-6c3e3bcd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |