FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.09 (Sun)

【妻】新しい局面


農天気ブログ、普段は農やDIYなど、手作り暮らしについて書いていますが、最近また人生の新しい局面が展開してきました。

私の母の介護が暮らしの中に登場したのであります。

ほんの少し前まで要支援2だった母が、一気に要介護3認定が出るほどにいろいろ手のかかる人になってしまいました。



てなわけで、最近は田んぼも畑もサルサも、他のいろんなことも、一時棚上げにして、金曜日からほぼ毎週、三重の実家に通ってます。

こうなると、2拠点暮らしは、かなり訳のわからないものになります(実質3拠点)が、まー元気にやっとります。

そんな中でいろいろ感じたことなど、2拠点暮らしの参考になるかもしれないし、自分の備忘録にもなるし、少しずつ書いてみようかなと思います。

まずね。お母さんは家の中心。お母さんがニコニコだと皆んな幸せという話、最近よく聞く、っていうか、もはや世の常識なのかもしれないけれど、大人になっても、お母さんが大好きなんだなーと思うのです。

ほんとうに手のかかる人になっちゃったけど、やっぱり母が笑ってくれるとすごく嬉しい。



ご飯以外のほとんどの時間を寝て過ごし、頭もぼけてきているから、顔に表情がなくてドキッとするような時もあるんだけど、暇があれば、私も隣に寝転がっちゃったりして、少~しずつコミニュケーションとっていくと、だんだん表情が出てきて笑ったりもしてくれる。

今は特に甘いものが大好きで、ケーキを買って帰るとすごく喜ぶので(甘いものの話の時だけは目に輝きが宿る!)、子供に甘い親のように毎回Herbsのデッカいケーキを買って帰っちゃう。私、子供がいたら、きっとダメな甘い親になってただろうな~。

男性である父は、母のその時その時の気持ちに寄り添うってことが、なかなか難しいらしく、理屈が先立っちゃうみたい。「昨日、そう言ってたじゃない」とかね、言ってみたりする。でも、昨日の約束なんて、お母さん、覚えてないもんねぇ。

父は大学教員だったので、理屈の世界で生きてきた人。人の気持ちもわかる人なので、職場では人望もあり、癖のある大学教員を束ねる力量もあるので、学部長を2期務め、いろんな人から慕われてた。そんな父が「わかっているけど、難しいんだよ。理屈で仕事をしてきたんだから」と言います。さもありなんと、思います。

女はやっぱりもともと共感力があるから、今、どうして欲しいのか、今、どうすれば母が動いてくれるのか、直感的にわかっちゃうんだよね。

でも、父も、すごく頑張ってて、最近母に寄り添ってあげられるようになってきている気がする。訪問介護の人や、ケアマネさんや、私がどんな風に母に接するか観察したりして。

偉いなぁ。私がいないほとんどの時間、父は一人で母を看てるんだもんね。イライラする時もあるよね。でも、本当に大変ななかでも、お母さんを大切にしてくれてありがとう。…と、娘は思うのである。

お父さん、このブログを時々読んでくれてるみたいだから、これも、いつか読むよね。なので、最大級の感謝を伝えます。

ありがとう、お父さん。
(お母さんにブログ見せちゃダメだよ。たぶん自分の大口あいて笑ってる写真、嫌がるから!w)
スポンサーサイト
17:41  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/255-93aa69b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |