FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.06.25 (Mon)

古いミシンをリノベ

小屋の改修を進めていますが、小屋にも欲しいインフラ機能があり、どうしようか、あれこれ迷っていました、、、

そして、ふと思いついたのがこちら。

そう、アンティークミシンです!

もちろん欲しいインフラはミシンではありません。

アンティークミシンは以前から気になっていたアイテムでしたが、活用方法がテーブルくらいしか思いつかず、テーブルは足りていたので、他のアイデアを探していました。

いざ、アンティークミシンをネットで調べてみると、国内メーカーだけでもブラザーやジャノメ、リカーというおなじみのミシンメーカーはもちろん、トヨタやリズム(富士重工)など、現在の自動車メーカーも出していました。戦前の日本の主要産業が繊維だったことが思いおこされます。

デザインもシンプルなものから、凝った意匠の物までがあり迷ってしまいます。

その中で、デザインで秀逸だと思ったのがこちら!


メーカーはシンガーで、この側面のロゴデザインに一目惚れしてしまいました。

残念ながら国内メーカーではなく、英国の老舗メーカーです。

このメーカーのデザインやロゴマーク、ポスターはノスタルジックでセンスがいいので、興味のある方は、以下のサイトをご覧ください⬇︎
公式サイト「なるほどシンガー」

私が購入したのは、シンガーの Class 15 seriesというモデルで、1960年には宇都宮でも生産されていたそうです。

まずは解体して、鉄部と木部をリペイントしました。




いい感じ仕上がりました。

ちなみにリノベーションが目的なので、ミシン本体はあるものの作動しないものを探して購入しました。

そして、何にリノベするかと言うと、、、



そう、壁に蛇口が、、、

ミシン台の蓋を開けると、、、


流し場!!シンクになります(^-^)

この小屋の内装は、古民家の雰囲気を維持したかったため、生活感のある今時の流し場を設置したくなかったです。

ちなみにシンクは、ホームセンターによく売っているグレーの樹脂でできたガーデンシンクです。

若干大きいので、周囲を丸ノコで切って、内側はアンティークゴールドに、外側は艶消しの黒に塗装しました。仕上げに流し台用のコーティングも行ったので、水弾きや耐久性もバッチリです。

水道の蛇口もアンティークブラウンとブラックを調合して塗装しています。


給水、排水も手探りでやってみました。
こちらは排水。壁から外へ出しています。


壁の中に配管しました。



おなじみのはのちゃんが一緒に試行錯誤してくれました。苦労しましたが、おかげで、仕組みが理解てき、また、DIYの幅が広がりました。

壁を開けたついでに、断熱材も入れてみました。


断熱材はたまたま一週間ほど居候していた都留どろんこクラブのカルロスがぴたりとキレイにはめんこでくれましたよ~。

これで、電気と水道のインフラが整い、ガスはないけど、薪ストーブと囲炉裏があります。トイレとお風呂も出来たので、生活もできます(^-^)


今回もお手伝いしてくれた皆さん、ありがとうございました!!


スポンサーサイト
18:54  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/251-5eb114aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |