FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.06.13 (Wed)

【妻】草みて稲みず


西桂に今年から借りた田んぼは、我が家の目の前の田んぼより一足早く田植えを終えました。
しかも、苗は師匠が用意してくれ、田植えは真菰乳酸菌のUさんが今年購入した最新マシンでやってくれるという至れり尽くせり。
私はほとんど手間なく田植えまで終わってしまいました。
ありがたい。
それにしても、機械植えってこんなに速くて楽なのか!

てなわけで、私の西桂でのメインのお仕事は捕植と草取り。
今日は草取りをやってきました。

草取りをやりながらしみじみ思いだしたこと。
ダンナさんがある日、都留環境フォーラムの大吾さんに言われたこと。
「みんな、草取りというと、草ばっかりみて、稲をみないんだよね。」
ダンナさん、この一言が「がつん!」と響いたそうで、時々反復してます。

しかし、ほんと、そうそう。それ、あるよね。
「草をとろう」と思うと、ついつい草にフォーカスして、稲がそっちのけになっちゃう。
今年は、植えた苗が少し頼りないひょろっとした感じだったので、すごく苗が気になって、草取りしててもずーっと苗(=稲)の様子を観察してました。
けど、稲が元気だと特に、草ばっかり見ちゃう。

これ、日常生活でも言えるな~と、今日はそんなことを考えながら草取りしてました。

子どもが喜ぶと思って始めた習い事も、だんだん習い事にフォーカスが行っちゃって、子どもの笑顔より習い事の上達が気になっちゃったり。
誰かを喜ばせようと思って作り始めた料理も、料理の段取りにばかり気が行って、喜ばせたかった誰かを放置していたり。

田んぼ、奥が深いです。
侮れませんな。

さて、今日の草取りでは、雑草のヒエの子どもにたくさん出会えました。
これまでうちの田んぼではあんまりヒエがでなかったので、子どものヒエって意識してみたことがなかったのです(大きくなって実をつけたヒエはさすがに稲と全然違うので、気づいて抜きますが・・・)。
でも、今年の田んぼはヒエが多い!
だから、よーく見てヒエを抜いていきます。

それにしても、ヒエさん、本当に稲とそっくり!!
稲が等間隔に植わっているから、そこから外れていればヒエとわかるけど、
そうじゃなければ、どれがヒエか分からないぐらい似ています。
唯一の手掛かりは節にひげが生えているかどうか。


節にこんな風におじいちゃんみたいなヒゲが生えているのが稲


節だけで毛が生えていないのがヒエです。

太くてたくましくて元気いいな~ってやつに限って見てみるとヒエだったりして。
植えてもいないのになぁ。
ヒエの生命力、恐るべし。

この雑草のヒエと食用のヒエは種類が違うみたいだけど、食用のヒエを食べるともりもり元気になるのは、ヒエの生命力が強いからなのかもしれませんな!
スポンサーサイト
20:25  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/249-0e2ffa79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |