FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.20 (Sun)

チェーンソー講習会

チェーンソーの講習を受けてきました!

場所は都留市の宝の森ネイチャーセンター。

今回のチラシです。




教本です。


受講の様子です。

ちなみに受講生は10名で、半数が女性でした。

2日間の座学と実習を受けると、こんな修了証がいただけます!^_^!





ちなみに、この講習は、労働安全衛生法で言う特別教育にあたります。では、特別教育とは何か?

労働安全衛生法では、業務の危険度に合わせて必要な教育を受けることが事業主に義務付けられており、そのレベルは、安全衛生教育→特別教育→技能講習→免許と徐々に厳しくなり、技能講習は都道府県労働局長の免許を受けた方が行う講習で、試験もあります。

今回はその下のランクの特別教育なので、事業主がやっても良い内容なのですが、今回の講習会の対象者は、ボランティアや個人でチェーソーを使う人で、地元の南都留森林組合が企画・実施してくれました。講師は林業・木材製造業労働災害防止協会(林災防)の方でした。

労働安全衛生法は、労働者(賃金を払って働いている人)を雇う事業主が守るべき法律なので、個人やボランティアでチェーンソーを使う人は、この講習を受ける義務はありません。しかし、薪割りしたり、庭や近所の木を切るときに、チェーンソーがあると便利で、そんな方は、是非講習も受けることをおすすめします!

講習の中では、単にチェーンソーの使い方だけでなく、チェーンソーの選び方、購入のコツ、メンテナンスの仕方から、伐木の技術や木の性質、林業の歴史などの話もあり、楽しく受講することができました。


特に勉強になったのが、宮本武蔵の「観の目、見の目」の教えについてです。
もちろん、宮本武蔵は兵法として語ったのでしょうが、安全衛生にも通じる教えで、『目に見えるものだけを見るのではなく、心の目、すなわち想像力を持って遠くや全体像を観ることが重要』だということです。

伐木しようとしている木や周囲の木はどのようにのびていて、そればなぜなのか、そして、伐倒した際に、どのように倒れ、周囲へどのように影響するのか、そこをしっかりと考え、よく観ることが、安全に伐木するには重要だということです。

この講習をうけた後、街の中でも木を見ると、「この木だったら、どっちに倒すかな、、、」なんて考えるようになりました。
もちろん、切っては行けません。森と共生する暮らしがしたくてはじめたんですから^_^;

南都留森林組合のTさん、林災防の先生、参加された皆さん、ありがとうございました!

また、9月の間伐体験会にも参加したいと思います‼️そのチラシです^_^

スポンサーサイト
18:31  |  森林  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/212-32348fa9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |