2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.05.25 (Thu)

米の苗作りに異変が

今年も陸苗代という方法で苗を育てています。
4月8日の種まき当初、上から土をかぶせ忘れ、種がスズメの餌になったり、種が乾燥するというトラブルがありましたが、幸い3日目に気づいたので、その後なんとか成長を続けています。

5月21日の状況。
3月27日の浸種から55日目、種まきの4月8日から 43日目です。

寒かったためか、生育はゆっくりで、やっと3枚葉になりました。毎週、着実に伸びてます。

しかーし!

その4日後、5月25日の状況です。


よく見ると、苗か黄緑色になってます。


風と土の自然学校のうめちゃんや、都留のNOSAIが相談にのってくれました。病気ではなく、栄養不足ではないかと、、、

確かに苗床は、昨年の田んぼの一部を使っており、今年も肥料はまいていません。
昨年、籾枯細菌病になった原因のひとつが、栄養過多で、稲が濃い緑になっていたのも、そのあらわれだったと思います。長いこと耕作していなかった土地で、草刈りだけは年数回してくれていたので、枯れ草が栄養分となっていたようです。なので、今年も、引き続き肥料をまかないで良いと思っていました。

しかし、緑が濃くなるのは、窒素過多だったのかもしれません。今回、足りないのは、3大要素の残りの2つ、リンとカリウム?かもしれないそうです。窒素は、巻きすぎると良くないそうですが、リンとカリは大丈夫だそうです。

そこで、有機用のリンカリ肥料をまくことにしました。

これ、鶏糞を焼いたものです。

さて、どうなるのか、、、

【妻コメ】
いやー、今年も出だしから前途多難。はい、その原因の一つは私です。芽出し済みの種もみを蒔いたら、土を被せ、その上から籾殻くんたん、切り藁、藁の束と被せて、寒冷紗のトンネルという手順なんですが、どういうわけだが、ぼーっとして土をかぶせる前に籾殻くんたんを被せてしまい、そうすると真っ黒になって何だか土を被せたような気になってしまい、土なしの上に藁と寒冷紗という状態で3日間放置。うわ~ん、稲ちゃんごめんなさい~!籾殻くんたんに水分吸われて、さぞ喉が乾いたことでしょう…。でも、芽を出してくれてありがとう~!!と感激したのもつかの間、怪しい黄色い葉が… どーなる苗ちゃん!



スポンサーサイト
19:41  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/200-b9f762f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |