FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.08.28 (Sun)

竹中大工道具館!

実家のある神戸に大工道具の博物館があることを知り、早速行ってきました!




立派な建物。
さすが、竹中工務店の施設ですね。

中もゆったりと、いい感じ。


展示は地下一階と地下二階で、それほど広くはありませんが、樹木の話から始まり、木材の加工の話や、大工道具の種類や歴史、鍛冶職人の紹介など、かなり見ごたえがあります。

木の種類と特徴

硬さや油分、木目などで、使う場所が違ったり、地域によっても好みが違うそうです。


木の部位と活かし方



もちろん道具も沢山展示されています。

ちなみに、大きなのこぎりは、大鋸(おが)と言いますが、そのクズが、おがくず(大鋸屑)です。


スケルトンの茶室

土壁の内部には、数寄屋大工の隠された仕事が、、、

組子障子

素晴らしい日本の美。

巨匠 江戸の鍛冶職人 千代鶴是秀


是秀氏の工房も再現されてます


ここでどのような仕事が行われていたかは、以下の動画リンクをクリック!


「村の鍛冶屋」へ



補足) ・いっこく=頑固
・らんだ=怠惰


様々に装飾された墨壺

大工さんが、雨の日に、彫刻をして、腕を磨いたそうです。


棟梁の一言

深い、、、


そして、、、


買うか、、、



ドイツの大工道具と家の組み方

その他にも、ノルウェーやフランス、中国の大工道具もありました。


他には、木工が体験できるコーナーや図書コーナーなどもあります。


お土産コーナーもあり、、、

こんなのや、、、


こんなのも。


なかなかセンスいいですね~(^o^)

博物館が発行している本を購入しました。


この博物館には、音声ガイドや映像ガイドが無料で借りることができます。

今回は1時間半くらいで見て回りましたが、全体を通して、大工さんや鍛冶職人の方々への敬意に溢れており、大変心地良く感じました。もう一度、ゆっくり、訪れてみたいと思います。

興味のある方は、以下から、公式のホームページをご覧ください。

竹中大工道具館のホームページ




スポンサーサイト
16:03  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/170-09cbcc7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |