2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.04.26 (Tue)

【妻】芽出しと陸苗代

今年も本格的に田んぼの季節がやってきました。

まずは芽だしから。
去年は芽出しに失敗したので、今年ははりきって…やる…はずだったのですが、なんと、しょっぱなから種の選別工程をすっぽり忘れてしまいました。

通常は、種籾を塩水に入れて、浮いてきた軽い種は除き、優良な重い種籾だけを残す「塩水選」というのをやるのですが、今年は家の近くの温泉で「マコモ乳酸菌」というのを見つけて、これが発芽率を上げるうえに消毒にもなると聴いたので、試してみたくてうずうず、うきうき。

帰宅して、さっそく種をすべてマコモ乳酸菌につけてしまったのでした。選別もせずに…。一旦水を吸ってしまったら、選別も何もありゃしない。

ま、やっちゃったものはしかたない。お風呂の残り湯に種籾を浸して、芽出しプロセスをはじめました。結果、マコモ乳酸菌のおかげか、選別しなかった割には発芽率も悪くなく、まー、よしとしよう!

さて、芽出しが終わったら、苗床づくり。
今年は梅ちゃんに教わって、「陸苗代(おかなわしろ)」という方法でやってみることにしました。

まずは、梅ちゃんの田んぼで実習。

田んぼの一画に溝を掘り、掘った土を畝となる場所に盛っていきます。


盛った土を均して緩やかなかまぼこ型にし、上から鍬で土を押さえます(土を押さえることで水が上がってくる効果と、水の蒸発を抑える効果がある)。


そこに発芽した種籾を1cm間隔でばらまいていきます。種と種の間が1cmぐらいになるように、丁寧な作業が続きます。こういうとき、梅ちゃんは本当に丁寧!私は雑で、いつも反省。


種を播いたら、上から燻炭をまき、その上に切り藁を被せ、水をまきます。






更に水に浸した藁束を被せ


最後に全体を不織布か寒冷紗でトンネル状に覆います。


実習内容を忘れないうちに、翌日我が家で実践。
我が家では、田んぼの隣の畑に陸苗代を作ってみました。


さて、無事苗が育ってくれるかな?
みんな、元気に育ってね~!
スポンサーサイト
18:37  |  稲作2016鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/153-9991bedf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |