2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.05.01 (Thu)

はじめに

2014年5月、私たち夫婦は、田んぼに通いはじめました。

場所は千葉県匝瑳市。家から1時間半です。

この一歩を踏み出したことで生活のリズム
が変わり、さらには土や水、緑に触れることで価値観や生き方まで変化しはじめています。

今、このブログを書いているのは2014年の5月ではなく12月の年末です。田んぼに通いはじめて、早8ヶ月が経とうとしています。

その間、沢山の方々との素敵な出逢いがあり、多くの事を学び、感じ、考えさせられました。
おそらく、これからも沢山の事を考え、そして、皆さんとともに、多くの事を実行していくのだと思います。

そんな記録をきちんと残しておきたい。そして、もしかしたら、このブログを読んだ方の何らかの役に立つかもしれない。

そう思って書き始めます。

年末年始の休みを使い、この8ヶ月間にやってきたことも振り返りながらブログに追加していきたいと思います。

お付き合いのほど、よろしくお願いします。



【妻コメ】
「価値観や生き方まで変化」、私もそうだな~と思います。
価値観というと大げさな感じもしますが、でも、結構根本的なところが、知らず知らずのうちにずいぶん変わったなーと。
一番変わったのはやっぱり自然との関わり方かなぁ。
自然との関わりといっても、まだまだ初心者で、そんなことを語れるような経験も知識も知恵ないのですが、
「人間も自然の一部だし自然に生かされているんだな~」なーんて思ったり。
こんなセリフ、改めて言うと、こっぱずかしいのですが、ごく自然にそんな風に感じるのです。

私たちが田んぼを借りたSOSA projrct の髙坂さんがよく「一粒のコメが稲となって千粒のコメになるんですよ。本当に自然のギフトでしょ」と言っています。
(SOSA Projectについてはこちら↓から
SOSA Project のブログ
髙坂さんのやっているオーガニックバーのブログ
それを聞いて、初めのころは「そうなんだー、千粒も実るんだー」と思いつつ、
その意味が本当にはよくわかっていなかったような気がします。
でも、今は、本当にそうそう!って思います。
一粒を千粒にして返してくれる自然がなかったら、私たち、本当に文字通り食べていけないし、生きていけません。
とても単純なことです。

よく「お金がないと食べていけない」と言いますが、実は!なんと、お金って食べられません!(当たり前)
食べるお米(野菜でも、魚でもいいのですが…)がなければ、お金があっても「食べていけ」ません。
それはとってもシンプルなこと。

その食べ物を、自然はなんとも気前よく、千倍にしてプレゼントしてくれるのです。
見返りを求めるでもなく、恩に着せるでもなく、ただ黙々と。

宗教やら哲学やらの難しい話ではなく、スピリチュアルなありがたい話でもなく、ただただシンプルに、現実的に、「自然に生かされている」んですよね~。
そういうことが感じられるようになって、今はごく自然に感謝の気持ちが湧いてくる日々です。


スポンサーサイト
23:00  |  ご挨拶  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

さっそくお伺いしました。

こちらでは、はじめまして、です。
今朝がたは丁寧なメールをいただき、ありがとうございました。
ニュースレターで反応を返していただくと、とてもうれしいものです。

人からおススメされたものは、すぐに実行する。
これが僕なりの「レジリエンス」の鍛え方になります。(笑
さっそくお気に入りサイトに登録いたしましたので、
またちょくちょく出没します。

「お金は食べることができない」って、ほんとにそうですね。(汗
自然に感謝する、ことはなかなか体験しがたい世の中になっているので、とても素晴らしい体験だと思います。
桑津きりあ |  2016.02.16(火) 09:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noutenkinakurashi.blog.fc2.com/tb.php/1-7df90c5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |