FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2020.01.05 (Sun)

【妻】味わい深い


ブログの更新しよっかなーと思いつつ、母にこれといった事件も進展もないのでサボっておりました。

だけど、振り返ってみると随分変化もあり、
自分のための記録として書いてみます。

ゆっくりゆっくりだけど、
いろんな面で衰えてきています。

立つのもかなり大変になってきました。

つかまり立ちをする位の筋力はあるんだけど、
立つために手をどこに持っていって、
どこに力を入れて、
足をどの辺に置いたらスムーズに立てるのか、
身体が忘れつつある感じです。


自分の意思で何かを決めることも
難しくなってきているようです。

「何か飲む?」
「うん」
「何がいい?」
「何がいいかなぁ」
「コーヒーにする?」
「うん」
「紅茶にする?」
「うん」
「コーヒーと紅茶、どっちがいいかな?」
「わからない…」

という感じ。

自分から「~したい」と言うこと
がほとんどなくなってしまいました。

たまに、食事中にティッシュの方に手を伸ばして
「とって」
と言うくらい。

1週間ちょっとの一時帰宅で
積極的に希望を述べてくれたのは
「おやつ食べよう」
「暖房つけよう」
「足マッサージやって」
それぞれ一回ずつぐらいで…

そうなると、もうその一言が
すんごく輝いて見えちゃって、
「『足マッサージやって』、いただきましたー!」
って感じで、張り切っちゃいます。

人生の中で
「足マッサージやって」の一言が
こんなに輝く瞬間があるとは、
想像もしませんでしたw


そうした衰えをつくづく感じたのは、
たぶん今回が年末年始の帰省で、
去年のお正月と比べることができたからかもしれません。

去年は、得意の百人一首カルタもそれなりに参加し、なにげに一番たくさんとっていたけど
(母は昔、全部暗記していて、今も結構覚えている)、

今年は1、2枚取ったら、そのままベットに横になって、背を向けて寝てしまいました。


とにかく、なにをやるのも億劫らしく、
こんな会話が交わされたりします。

(デイサービスでお風呂に入れてもらう日に)
「お風呂の番が来たら、
この人が入りますって言おうか?」(と私に目線)
「『この人』って私のこと?」
「そう」
って、なんで私が身代わりやねん!


(おしっこで濡れてしまったベッドから身体を起こして拭こうとすると)
「このままでいい。何もしたくない」
「でもさぁ、このままじゃ気持ち悪いじゃん。身体拭いたら気持ちいいよ」
「もういいから、先に行って」
って、どこ行くねん!

こんなときは、ほとほと困ってしまって、
「もう~!」
と思ったりもするけど、

ある時は、
「今日もお母さんと一緒でうれしいな」
「なんで?」
「なんでって…」
「大変なことばかりなのに」
と、妙になんでもお見通しみたいなことを言われて、ドキリとしたり。


いいこともありました。

「浩子ね、あの綺麗なレース、見た?」
「どのレース?」(部屋を見回す私)
「ああ、でも、あれは夢だったかもしれないね」(と、うっとり)
「そんなに綺麗だったの?」
「綺麗だったねぇ。夢のようだった」
と、何度も繰り返します。

クリスマスに、ホームの特別しつらえのダイニングで特別ディナーを食べたことが、とても印象的だったようです。

あんまり綺麗すぎて、夢だったと思っているみたい。

そんなところでおいしく食事できて、よかったね。


あ、あと、こんな会話も。
「お父さんが怖い人だっていうのは、間違ってました!」(キッパリ)

この「お父さん」というのは、母の父、私の祖父のことです。

とても怖い人で、母はしょっちゅう怒鳴られていたらしく、小さい頃は「お父さんが帰ってくると、ビクビクしていた。居なくなればいいのにと思っていた」という話を、何度も聞かされていました。

「そうなの?」
「うん。お父さんはね、正義感が強くて、間違ったことにはちゃんと怒る人でした」(なぜか、一貫して、ですます調)
「へえー!それは、大発見だね!どうしてそう思ったの?」
「・・・」
「いろいろ考えてみて、そう思ったの?」
「それはね、パッとわかった」
「そうかぁ。そんな大切なことがわかってよかったね」

いったい母の中でなにが起きたのか?
面白いなぁ。

なんというか、
人生味わい深いです。



瀞峡への旅行の帰りに家に寄ってくれたあずみんと
スポンサーサイト



17:59  |  介護

2020.01.05 (Sun)

【妻】舞台と映画みた

年末に、
ナウシカの歌舞伎版(後半のみ)と
アナ雪2
を立て続けに観ました。



いや~、よかった!

その少し前に、
SDGs 2030カードゲームのファシリテーター養成講座に参加し、
なんとかギリギリで認定をもらったのだけど、
(SDGsとは持続可能な開発目標のこと。
→SDGsの説明

その後でナウシカを観たことで、
より感慨深いものがありました。

なんというか、ナウシカの世界観に、
完全に時代が追い付いてきている、という感じ。

でした。

ナウシカをどうやって歌舞伎に?!
という疑問も軽々とクリアし、
おおお!おおおおお!
と、期待を遥かに上回る舞台でした。

アナ雪2も、自然に逆らうような「持続可能でない開発」がテーマの一つになっていて、

ジブリ、やっぱりすげーな!
と思いましたわ。





17:58  |  遊び
 | HOME |