2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2018.04.21 (Sat)

空家改修 可動囲炉裏

やっぱり古民家といえば、囲炉裏ですよね~^_^

とはいえ、部屋を色々な目的で使いたいので、部屋の真ん中に囲炉裏があるのは、ちょっと不便です。

色々とネットで調べたところ、可動式で床に置くタイプの囲炉裏がありました。気になる方は「アウベルクラフト」さんが出している「薄型囲炉裏キット」で検索してみてください。

キットの組み立ては、のんびりやって2時間くらいでしょうか。その後、部屋に合わせてウォールナット色に塗装。


そして、囲炉裏といえばこちらも!

そう、自在鉤(かぎ)です。

自在鉤、新品も売ってはいますが、使い込んだものが欲しかったので、ヤフオクでゲット。
この、ちょっとブサイク魚が気に入ってます^_^

ちなみに魚は水の中にいるということで、火災避けのお守りだそうです。
さらに、魚にはまぶたがないことから、居眠りなど、火から目を離さないようにという意味があるそうです。確かに我が家の魚も目を見開いてる!

日本って豊かだな~と感じたのでした。

これで、古民家の雰囲気が出できました!



この囲炉裏は薄型なので薪は使えません。炭を何個か置いて、じっくり魚を焼いたり、鉄鍋をあっためたりする用って感じです。

こんな感じです。


使い込んでいくぞ~(^ν^)






スポンサーサイト
21:09  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 ミラー設置

空き家改修の中で、かみさんの一番の要望は「大きな鏡が欲しい!」てした。もちろん目的はサルサレッスン^_^

そこで、大型の鏡をネットで探したところ、ダンススタジオやスポーツジムで使われているミラーは、ガラスではなくアルミのミラーが多いことがわかりました。


そこで、アルミミラーをオーダーし、高さ190cm 幅90cmを4枚購入。


ここからが大変な作業でした。
我々が今回のDIY大工作業を行うにあたって、棟梁をおねがいしているかずさんに相談して、設計してもらいました。

パネルの裏側には、たるきを十字で組んであり、
ボンドで貼り付けています。さらに、念のため、角を小さな金具で固定しています。そして、このパネルに、小さな車輪をつけて、床にはレールを設置。ふすまのように、横にスライドできるようにしました。

そして、ミラーを使わない時は収納できるように戸袋を作りました。

1×4の柱を3本立てて、壁と同じ野地板をはっていきます。

設置完了!!

【ミラー収納時】

一番右側が戸袋です。壁と同化して、ミラーがあることがまったくわかりません。

【ミラー使用時】


忍者屋敷みたいです^_^;


まだ、鏡には保護シールが貼ってあったり、床も養生してありますが、、、


すでにテンションアゲアゲなサルセーラたち^_^










19:10  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 露天風呂

念願のヒノキ風呂です!

それも、満点の星空の下、入りたかった露天風呂!!

河口湖にある「ふじやま工芸」というところが、キットを出されていることを3年前に知り、いつかは設置したかったのです^_^

届いたキットはこんな感じです。


これを男2人で組み上げました。

2時間程度で完成!

その後、薪と灯油の兼用風呂ガマを設置し、煙突を取り付けます。これは、一日仕事でした。


その他、排水管の設置が一日なので、合計3日くらいかけて完成です。

メインの夜の雰囲気はこんな感じです。


間接照明も竹ひごのシェードでいい感じです。


入りました^_^


もちろん、これは写真用で、いつもは外から見えないように、タープをかけて入ります。


天井は空いているのと、タープの高さは変えられるので、星空もバッチリ見えて、ヒノキの香りも最高です。

入った皆さんからも大好評!!
でも、もうちょっと進化させますよ~^_^



追記)風呂のカバーを作成しました!

後ろ側の窓がカウンターになっているので、このカバーに座ると、カウンターバーのようになります。もちろん、テーブルとしても使えます。

そして、お風呂に入る時に、このカバーを開くと、、、

腰壁に早変わり!!

これまでは、タープで覆っていましたが、腰壁とタープを組み合わせたことで、安心感が生まれました(^-^)





18:11  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

小屋にプロジェクター

空家改修のこだわりの一つが、プロジェクターの設置。

都留の家にはテレビはありませんが、プロジェクターは欲しい、、、撮った写真や動画をみんなで見たり、YouTubeでサルサやカラオケの映像を見たり、、、時には真面目なプレゼンやったりと、プロジェクターはこれまでも母屋のBAR RIOで活躍してます。

なので、現在開店準備中の二号店「囲炉裏音(イロリオ)」にも、ダンス用ミラーだけでなく、プ
ロジェクターも欲しい!

それも、、、

サルサクラブにあるテレビモニターのように、サルサを踊っている横でも、人の影が映らないように映像が流したい、、、

となると、スクリーンの正面から投影するのではなく天井にプロジェクターを吊るして投影する方法が一般的です。しかし、この小屋は屋根がむき出しで、天井が高く、プロジェクターを取り付ける場所がないのです、、、

そこで、考えたのがこの単焦点プロジェクター。

EPSONのEB-1430Wです。

ビジネス用ですが、スクリーンの真上から投影できます。最近のビジネス用プロジェクターは入力端子もホームシアター用と同様の入力端子があるので問題なく多目的に使えます。価格が高いので躊躇していたのですが、旧型のこちらが中古で購入できたので、ラッキーでした。

ただし、この白いかたまりをスクリーンの上に取り付けると、結構存在感が出ます、、、

そこで、古びた金属風にエイジング塗装をすることに、、、

まずはステーを塗って、、、


本体も、、、


壁に馴染んで、存在感はずいぶんなくなったと思います。

そのまま、木の壁に投影するとこんな感じ。




歌詞とギターコードを投影して弾き語りなんてことも、、、



このプロジェクターにはホワイトボード機能もあります。




ちゃんと映画を観るためには、白いスクリーンか壁が欲しいですね。また、考えまーす^_^

さらに画像として保存できたり、wifiに繋げてプリンターと接続したり、遠隔地と同時にリンクさせたりできるそうです、、、

使いきれない^_^;


17:21  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.04.21 (Sat)

空家改修 納屋併設

30年以上(?)空き家となっている隣の家の改修を進めていますが、その中でも、大仕事に取り掛かりました!

改装前は土間で台所だった場所ですが、こんな感じで朽ちてました、、、


それをこんな感じで改修しています。

そして、壁は野地板を塗装して貼り付け、屋根はホームセンターに見つけた屋根材を貼りました!


もう、DIYの域を超えています、、、^_^;



12:37  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。