FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.12.10 (Sun)

【妻】田んぼ第2号

去年、籾枯細菌病にかかって全滅だった我が家の田んぼ。

1つには復田一年目で田んぼ向けの土壌になっていなかったこともありますが、我が家のある地域は山間の寒冷地で日照時間が短く、水も冷たく(とってもきれいだけど!)、そもそも田んぼ向けの条件が揃った土地ではありませんでした。

それでも、こつこつ続けて、少しずついい田んぼにしていきたいと思っていますが、やはり条件のいい田んぼにも憧れるなぁと思っていたら!

マコモ乳酸菌でお世話になっているUさんが、ご自身の借りている田んぼの隣が空いているからと仲介してくださり、憧れの「条件のいい田んぼ」を借りられることにらしました!なんと、ラッキー!!


富士山が見える日当たりのいい田んぼ!

というわけで、来年からは2つの田んぼをやることになりました!!!

畑もあるし、仕事も普通にやってるし、最近はサルサも去年より頑張ってるし、ダンナさんは「借りてもいいけど、俺は既に物理的に時間いっぱいいっぱいだから、それほど協力できないかもしれんよ」と言ってるし(それはそうだよね。よくわかる。今でもよくやってると尊敬するもん!)、ダイジョーブなのか、わたし?

と、若干の心配はありつつも、日当たりのいいふかふかの土の田んぼ、やっぱり嬉しい~!!!

いや、我が家の目の前の田んぼもかわいいですよ、手もかけてきたし、田んぼちゃんも今年は頑張って新米の稔りを届けてくれたし。でも、それはそれ。冬に作業してても4時半ぐらいまで日が当たっている田んぼ…やっぱり嬉しいなぁ。

おまけにUさんがとても親切で、ご自分の田んぼのついでに、私の借りるところも耕運機をかけて荒くりしておいてくださいました。

というわけで、今週末は畔の草刈りと、畔板を設置する作業をしました。冬のうちにやっとくと春が楽だよ、とのUさんからのアドバイス。確かに!


矢印のライン状になっているのが設置した畔板

草に隠れていた水口も出てきました。


なんか、かわいい♪

皆んなでワイワイいいながら作業をする楽しさは本当に格別ですが、今日は1人作業。途中「ひとりだと、張り合いなくてつまんないな~」と思ったりもしたものの、やり終えてみるとまた一味違う達成感^ - ^これもまた、いいもんだなぁ♪

来年はUさん田んぼの後を追っかけながら、いろいろアドバイスをもらいながらやれそうで、それも嬉しいです!
スポンサーサイト



13:24  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.03 (Sun)

【妻】空家解体と改修

馬耕の傍ら、何十年か人が住まず放置されていた隣の空家の半解体と改修をしました。





もうボロッボロの空家で、当初は骨組みだけ残して解体するつもりでしたが、、、





草を刈り、




木を切り倒し、


一番状態が酷かった台所部分を取り除くと、




意外にも結構状態のいい小屋が現れてきました。




そこで、この小屋は残すことにして、ベニヤを剥がし、



板を補強すると、

あらあらこんなにステキな小屋に変身しましたっ!




たった2日でここまで来るとは、思いもよりませんでした!

当初はね、東京から人が遊びに来てくれるから、いっちょ小屋解体やろうと、余興程度に考えていたんです。馬耕もあるし、この2日でどのぐらい大変か、大体の感じがわかればいいや、ぐらいの気持ちで。そしたら、今後の目処も立つしと。

ところがとっこい。
来たメンバーのすごいとこすごいこと。

元役者で裏方の舞台装置もやっていたことがある人や、解体バイトしていた人、解体は慣れてて道具も持ってますって人。いるわいるわ、その道の達人が!

しかも、人数が集まると速い速い。
いやー人の力ってすごいなぁ。
人の力が合わさるって本当にすごいなぁ。
…というのを、まさに実感した2日間でした。

チーム空家のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!



もともとほぼ壊す予定だったので、この小屋、何に使うか全くきまってません。

この続きは23日にまた別のメンバーやることになりましたので、また進捗をご報告しますね~♪




23:53  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.03 (Sun)

【妻】田んぼで馬耕!

今年の田んぼの収穫も無事に終わり、いよいよ来年へ向けての準備がはじまります!

通常なら、トラクターで一度かき回しておくところですが、今回は馬耕馬のコータローに来てもらうことにしました。


今回の馬耕の目的は土壌改良で、ホタテ貝殻石灰と竹炭をすき込むことにしました。

まずは竹炭をつくるところから!

無煙炭化器が久々の登場です。
竹は近くの竹やぶから間伐してきたものを、1ヶ月くらい乾燥させたものです。

日も暮れて、いい感じです。

このままだと灰になってしまうので、水をかけて火を消します。

今回の企画、もともとは我が家によく遊びに来てくれる自然好きの仲間たちでRIOに集まって、忘年会でもやろうという話しでした。でも、せっかく遠くから来てもらうので、何かアクティビティをという話になり、一緒に竹炭をつくったり、馬耕したり、空き家の解体をやることになったのでありました。
(小屋については別途ブログにあげます^ - ^)


さて、土曜日の作業の後は、いつものように、我が家BAR Rioで深夜まで宴会です。

結婚祝いあり、サルサあり、まじめな環境や生物のプレゼンあり、民族楽器演奏あり、護身術講座ありと、深夜までうたげは続きました^_^

結婚祝い


プレゼン


サルサレッスン




護身術


ちなみに、ご飯のメインは熊肉のすき焼き。

脂が残ってる程度に煮るのがコツで、これは本当に美味しかったです。


そして、翌朝はいよいよ馬耕体験です。



なかなか難しく、みんな大苦戦です。



集まってくれた仲間の中には、昔ガチで馬耕をやっていた80代のじいちゃん、もとい、ちょいワルオヤジも居て、さすがにこの方の馬耕は一味も二味も違いました!初めは慣れない馬でちょっと勝手が違う?という感じもあったのですが、なんのなんの、身体が勝手に思い出し、ぐんぐん力強く進んで行きます。(残念ながら、写真がない(>_<))


お陰で、ホタテ貝殻石灰と竹炭はバッチリ漉き込まれ、来年の田んぼがまたグレードアップしそうです!^ - ^

皆さま、本当にありがとうございました!



コータロー、今回も活躍、お疲れさまでした!



前から見ても男前!








23:41  |  稲作2018鹿留西桂  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |