2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2017.03.31 (Fri)

【妻】批判すること

批判することを良しとしない人がいます。
一方で、世の中が悪い方向に進んでいるのに、批判もせずに無関心を決め込んでいることを良しとしない人もいます。

私は長い間、批判することに対する違和感と、批判は極力したくないという呪縛に囚われてきたように思います。

最初に批判ということを意識したのはマザーテレサの「私は反戦運動には参加しません。でも、平和のための活動になら喜んで参加します」という言葉を知ったのが、きっかけでした。

「ふむ、そうか」とズシンと来て、その後、自分の経験からも、「ミイラ取りがミイラになる」ことはいくらでもあって、そこら中に転がっている現象であることに気づいてみたりしました。批判している人が、自分が批判している人とそっくりのことをしている(もちろん、矛先は違います)という、あれですね。

あと、子供のころに、あさま山荘事件が起きたりして、批判しすぎる人や集団がどうなっていくのか、「正義」がいかに恐いものとなりうるかを、言語化できないレベルで、子供心に感じ取ってきた世代であることも、関係あるかもしれません。あれはとにかく強烈でした。

でも、自分に火の粉が降りかかってきているのに、それを跳ね返すための声すら上げずにいることと、私が恐れてきた批判とは、ちょっと違うんじゃないかと最近思います。

以前、テレビのドキュメンタリー番組で、ヒトラーが台頭してきた当初は、多くの人が眉をひそめながらも、「あんなバカな人たちが主流になるわけがない」と甘くみているうちにあれよあれよという間に勢力を増し、権力を掌握し、言いたくても何も言えない社会になっていたというような流れを追っていて、うわぁ~と思いました。

そんなこともあり、今は、自分の中で、前ほど批判がタブーではなくなっているのですが、私が批判的な発言をするときに、なんとなく気にしているのが、「批判することで気持ちよくなっていないか」ってことです。

「正しい者」として批判する気持ち良さとか、「何らかの危機や危険性に気づいている者」として鋭く批判する気持ちよさといったものが、心の中にくすぶっているようなら、一旦保留します。

無肥料無施肥の農法を伝える岡本よりたかさんが、Facebookでこんな投稿をアップしていました。

「何かを批判しないとアイデンティティを保てない生き方は嫌だな。優れた物を見つけて称賛する。ディスリスペクトではなくリスペクト。そんな生き方をしたいね。おやすみ。」

マザーテレサと、言ってることは同じなんだけど、「何かを批判しないとアイデンティティを保てない」という切り取り方に、なるほどと思いました。あさま山荘事件の火中にいた人たちは、まさに批判をすることがアイデンティティになっちゃってたんだろうな。

というわけで、「批判は諸刃の刃」ってことを心に留めつつ、そういった考えにも囚われすぎずにやっていきたいなぁと思うこのごろでした。

スポンサーサイト
02:02  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.31 (Fri)

【妻】人生最後の冒険

人生も折り返し地点を過ぎ、少しずつ死を意識しながら生きています。

特に、我が家は自分の未来を託す子供もいないので、その分、死に向かって生きているのだというシンプルな事実がリアリティを持って感じられるような気がします。そして、生きている限り誰もが死に向かって老いていくというこのシンプルな事実は、全ての人に与えられた、なんというチャレンジングな課題だろうかと、時々思います。

最近、世の中の風潮を見ていると、「幸せ=思い通りの人生=自分に都合のいい人生」という図式があるように感じます。そして、この図式の中で人々は幸せを願う。そうすると、自分に都合のいいことばかりが起こる人生を目指すことになります。

でも、誰でも、若死にしない限り、少しずつ歳をとります。ある年齢を過ぎれば、加齢とともに少しずつできることが減って行ったりするのも自然なことでしょう。見た目だって多かれ少なかれ変わっていきます。そこだけ見ても、そんなに都合のいいことばかりじゃないのが人生なんじゃないかなぁと思うわけです。

それなのに、都合のいいことばかりが起こる人生を目指すってのは、却って苦しみを生み出してしまうんじゃないかなぁ。

むしろ、思い通りでなくても、少しずつできることが減っていったとしても、それを受け止めてなお、幸せを感じられることの方が、すてきだなぁと、今の私は思うのです。

そういう意味で、死に向かって老いていくということは、人生最後にして最大の、ちょっとワクワクするほどのチャレンジなんじゃないかと思います。「それを受け止めてなお、幸せを感じられる私」であるために、どのような生き方(あり方)ができるのか。それを私自身にききながら、一瞬一瞬を生きていくことを、こつこつとやっていきたいなあと、思うのです。

ってなわけで、意味深なタイトルのその心は、「死にむかって老いていく冒険」でありましたとさ。
02:01  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.26 (Sun)

【妻】塩水選

来年以降のための備忘録として。

本日、3月26日(日曜日)うるち米ともち米の種もみの塩水選をしました。





順調に行けば、今年の田植えは5月末の予定。

ですが…3月も末というのに今日は雪!



波乱含みのスタート、か?!
21:12  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.20 (Mon)

鹿革の新作紹介!

先月も紹介しましたが、獲れた鹿の皮をなめしてもらい、ログラック&キャリーを製作していただきました。


獲れた鹿は推定95キロの立派なオスだったので、まだ鹿革に余裕がありました。そこで、以前から欲しかったA4のノートパッドもお願いしていたところ、完成したとの連絡が!!


凄ーい!かっこいい!!

私はノートではなくレポート用紙を使うので、レポート用紙が差し込める仕様になっています。

こだわったのは、折り曲げた時のマチのサイズ。資料をはさんで持ち歩く時に、資料の厚さが少なくても多くてもずり落ちないように、マチのサイズや形状も指定しました。

じっくり使い込んで、味を出していきたいと思います!!

そして、まだまだ、鹿革に余裕があったので、かみさんが鍋掴みをオーダー!


これまた、かっこいい!
どんな使い方をしようか、ワクワクしちゃいます^_^

まだ、あります。

さて、これは、なんでしょう?!


正解は、チョークケース!

かみさんは仕事でチョークを使いますが、家でもチョークを使う機会があるので、オーダーしました。


チョークで手が汚れないという実用性もありますが、ちょっとした遊び心がいいですよね~。


今回あらためて感じたのは、身の回りの道具ひとつについても、材料や加工のプロセスを知り、その物語を感じながら、命のリアリティを受け止める、そんな暮らしが本当に豊かだと感じています。

今回4つの作品を製作していただいたのは、大月のお友達、二菜ちゃんの工房です。
興味ある方は是非^_^

新聞記事のリンクはこちらから↓
「Lmルーメン」大月市観光協会記事



13:51  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.18 (Sat)

移住&開店2周年!

都留に移住して2年。
あっと言う間と言えばそうかもしれませんが、日々新たな経験や出来事が次々と押し寄せてきたため、濃く長い2年だった気もします。

移住して2年ということは、家に併設している我が家の応接間、BAR Rioも2周年ってことになります^_^

先日、Rioのサル友(サルサの友達)が、サプライズでRioのアニバーサリーを祝ってくれました。

あずみんからはこんな綺麗な花束!

お花屋さんがサルサのイメージでアレンジしてくれたそうです。

ひろちゃんからは、カフェ ナチュラルリズムのちあぱんちゃんの絶品ビスコッティ!

いつ食べても唸るほどうまい。

そして、はのちゃんからは『Rio』の文字を絵文字にした手ぬぐいや手づくりポストカード!


アップで見ると、、、


ひとつ一つの絵が、我が家の暮らしにまつわるイラストになっています。
すごい!素敵!!
お店のポストカードにさせていただきます。

ありがとう!みんな~!
また、3周年を元気に迎えられるよう、頑張りまーす!!

18:58  |  暮らし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.12 (Sun)

田んぼの準備

3月に入り、いよいよ今年も田んぼの季節が近づいてきました^_^

昨年は、我が家の近くの有休耕作地を20年ぶりに復田し米作りに挑戦しましたが、残念ながら籾枯れ細菌病という昨年の流行り病で、ほぼ全滅してしまいました。

様々な原因が考えられるのですが、例えば、籾の選別不足で菌のある籾を除去できなかったとか、夏場の天候不順で日照時間が少なく、湿度が高くなってしまったとか、さらには、復田したため土に栄養があり過ぎたなど、多過ぎて特定できませんでした。

そこで、今年は、できる限りの対策をとった上で、再チャレンジすることにしました。

まずは、昨年の稲の株がまだ田んぼに残っていたため、これをトラクターで荒くりせずに、全部抜いて処分することにします。籾枯れ細菌病は、前年の籾や藁からも感染する可能性があるようです。

この状態が、、、


こんな風になりました。


Facebookでお手伝いを募集したところ、急なお願いにもかかわらず、お友達の家族が東京から来てくれました!


約4時間、ひたすら株を抜き続けてくれました!
ありがとう!!


終わった後は、シシ鍋うどんで打ち上げです。


二次会はBAR Rioで!




その後、サルサも踊りながら、楽しい時間は過ぎていきました!!楽し過ぎて、写真撮り忘れました^_^;


翌日は、かみさんとともに、田んぼの畦の位置を、2mくらい内側に作り直しました。
これは、樹で日陰になる場所や、もぐらによる水抜けが多かった場所を避けるためです。



まだ、未完成ですが、こんな感じになりました。


畦を内側に移動させた事で、田んぼの面積は3畝になりました。夫婦二人の年間お米の消費量が120Kgで、無農薬有機肥料だと4畝くらいだと思うので、若干足りないかな~。でも、今年はこの広さでやってみまーす^_^

次の作業は、畦作り直しの続きと、除菌のためのマコモ乳酸菌撒きかな。

また、ご報告しまーす!


22:41  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |