2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.26 (Mon)

第3回狩猟サミット!

第2回狩猟サミットが富士山麓で開催!?というチラシを昨年の秋に見て、めちゃくちゃ興味を持ったのですが、残念ながら予定があわず、、、今年こそ!!と、早々に申し込みました(*^_^*)

場所は京都北部の京北という場所です。
もちろん、愛車FJを飛ばして、都留経由で片道10時間かけて、行ってまいりました♪

まずは、ポスターをご覧ください。

詳しい案内はこちらから↓

第3回狩猟サミットの案内ページ

そして、最後に撮った全体写真がこちら!

スタッフ入れて180名!

年齢は30代、40代がほとんどで、狩猟との関わりは様々でした。これから猟師さんを目指したり、ジビエ肉を広げようとする人、動物の生態を保護したり、自然学校の方、学生さんなどなど、、、2泊3日、朝から深夜まで新しい出会いとトークで、みんなで盛り上がりました。

その内容をブログで報告することは難しく、、、

ということで、手抜きですが、写真を何枚がアップしますので、なんとなく雰囲気を感じてください(*^_^*)



 

キーワード『土地は所有するのではなく、野生の動物との共同体である』
『猟師さんは今の2倍は必要』

キーワード『駆除・食す・守る・再生する』 
キーワード『生身の身体を駆使し、肌身の感覚を磨きつつ、自らの手という責任において、生きるという確かな手応えを日々感じて生きています』



 







書ききれませんが、興味深いプレゼンや実演が次々と行われました!

あっと言う間にクロージングセッション。

そして、次回開催は、北海道に決まりました!楽しみです!! 
終了後にも、オプシナルツアーが4種類実施されました。私は、食肉加工場の見学ツアーに参加。

場所は京北からさらに北の美山という場所。茅葺の村で有名な場所です。

その美山にある、田歌舎さんが食肉加工場を作ったそうです。

こちらか、その加工場。


保健所からの指導内容や、建設費用、使い勝手など、活発に質疑応答が行われました。
今回、狩猟サミットに私が参加した理由は、狩猟を通した循環する暮らしにどのようなものがあるのかや、狩猟を生業にできるのかについて、ヒントを得ることでした。


この会では、職業も年齢も異なる多くの人たちが、それぞれに熱い思いをもって、狩猟や、狩猟に関わる仕事をされていることを知り、視野広げることができたのはもちろんのこと、皆さんの熱を感じ、共感し、受け取ることができました。
参加した学生さんが、最後の感想でこんなことを言っていました。『狩猟で生きている人たちは、覚悟と向上心と発想力を持っていて、自分の技術をブランド化している』

うまい!その通り!!
スタッフの皆さん、お疲れさまでした!そして、参加者の皆さんも、ありがとうございました!!

最後に、会場に飾ってあった額です。



追記)お土産の鹿肉カレー食べ比べです。



CoCo壱番屋さん(左)のほうが、まろやかな感じで鹿肉の味がします。美山の鹿カレーはよりスパイシーで大人向きかな。お好みでどうぞ(^_^)
スポンサーサイト
23:23  |  狩猟  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.25 (Sun)

【妻】杜の園芸

昨日、今日の二日間、梅崎家主催の風と土の自然学校の「八ヶ岳サイトを作ろう!」というイベントに参加してきました。


サイトを作ると言っても、トンテンカンテンの建物づくりではなく、まずは土地の整備から。

「杜の園芸」代表の矢野さんという方の指導のもと、土地のお手入れのお手伝いをしてきました。矢野さんは造園のカリスマと言われる方なのだそう。

もう、目からウロコの連続でした。

イベントの案内文の一節です。

「現在の土木技術は、コンクリートで固めてしまう、力ずくの治水・治山が主流となっているために水や空気がうまく流れずに、ひずみがたまることで、意図に反して自然災害を引き起こしている面があるようです。」

「自然に寄り添う造園の技術をヒントに、生き物や水と空気の流れを見つめ、どう対処して行けばよいかを一緒に探っていきます。自然の地形や植生を読み解き、どのように手を加え、どんな風に自然とつきあえばいいのかが、見えてくるでしょう。」

土地といえば土。土の質や地形を見ることがメインなのかと思って参加したのですが、土の前に見るべきは水と風でした!水と風の通りがよければ土の健康も保たれ、草や木々も暴れることなく気持ちよくおさまってくれるんだそうです。
現代は、そこを見ずに山が荒れたから砂防ダムを作るとか、獣害が増えたから駆除をするというように対処療法になってしまっているけれども、そのような問題が起きてきた大もとを見なければ、根本解決にはならないんですね。

1日目の午前中は座学から始まり、矢野さんが手がけた土地のスライドを見せて貰ったのですが、矢野さんが整備した土地では、枯れかけていた木々が自分たちで茂り始め、下草も適度に伸び、森が復活しています。すごい!そして、矢野さんの造園哲学は、水の流れと空気の流れを整えるという点に尽きると言っても過言ではありません。

いやー、本当にすごいです。

具体的な作業としては、風になったつもりでしゃーしゃーっと草刈りをしたり、


土地の周りに溝を掘って、パイプや竹、木の枝などを埋めたり、



傾斜面のブッシュを風になったつもりで刈り込んで、獣道を作り、風通しを良くしたり。

どれも初めてのことで、とっても楽しかった~!!!

杜の園芸の皆さん、梅崎家の皆さん、 みーちゃん、ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました~!
17:10  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.18 (Sun)

稲刈り\(^o^)/

ついにこの日が!



そう、稲刈りです‼️



週末の土日で実施しましたが、田植えに続き、たくさんの方々が応援に来てくれました。

ありがとうございます!
早速作業開始。もちろん手刈りです。



刈ったら5束くらいずつまとめて、稾(わら)で結んでいきます。

 

稾は昨年刈った稲を乾かしたものです。無駄がないですね~(^o^)

それを、木や竹で組んだ、通称「うし」にはざがけしていきます。

  

子供達も大活躍です!



あっと言う間にお昼でーす!

 

少し晴れ間も出てきました(^_^)v

今回のお昼は、ちょっと手抜きして、買ってきたおにぎり。 



でも、都留のおにぎり屋「おおみや」さんは、本当に旨い!炊きたて、握りたてです。もとはお米屋さんだったそうですから、間違いありません!

そして、田んぼの地主さんから、けんちん汁の差し入れを頂きました。

じっくり煮込んで頂き、美味しかったです(^o^)いつもありがとうございますm(_ _)m
さらに、地元猟師のYさんが、獲れたてのイノシシ肉を持ってきてくれました(^○^)

けんちん汁に投入!



2杯目はシシ汁に変身‼️


また、味までガラッと変わりました。贅沢ですね~(^○^)

午後もみんなで作業して、こんな感じで本日は終了!




締めはぜんざい!

 

みなさん、お疲れさまでした!




翌日も稲刈りですが、2日目のメンバーが、我が家に前泊。もちろん夜は、我が家併設のBar Rioにて盛り上がりました!




そう、新たに楽器も持ち込みました(^_^)v

翌朝、のどかな朝食風景。



いい天気です‼️




働く子供って、微笑ましい~。
はざがけされる子供、、、^ - ^

お昼働くもちろんシシ汁です!


最後に雨よけのポリシートをかぶせます。


そして、本日も無事終了(^o^)/




今回も二日間で30人の方々にご協力いただきました。また、近所の田んぼの先輩たちにも本当にいろいろお世話になりました。本当にありがとうございました!

収穫祭に是非お越しください(^o^)/
【追記】草取りや稲刈りの時には、長袖のシャツや軍手をしましょう!
稲の先に当たると、かぶれます、

一週間くらいでおさまりますが、、、(*^◯^*)

【妻コメ】

稲刈り、楽しかった~!やっぱりザクザク感がたまらない大好きな手仕事です。それでも9畝となると、素人の私たちには大仕事。ほぼ終えられたのはお手伝いくださった皆さんのおかげです。ありがとうございました~!!!
23:10  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.13 (Tue)

【妻】トイレDIY

うちの前の田んぼも先日稲刈りが終わり、こんな感じ。



あー、この家にしてよかった!
と思える窓からの風景です。
写真で見ると広大な土地に見えるけど、実際はもっとこじんまりしてます。そこがまたいいんだけど。
ウチもいよいよ来週、稲刈りです!

さて、今日はトイレのリフォームメモです。
我が家のトイレ、こんな感じの昭和なタイル張りで、足元が冷たく、なんだか落ち着かない感じでした。


壁板もちょっと冴えなくて、


壁板とタイルの境目にある幅木もベッタリした微妙な色の塗料が塗ってあって、う~ん…。(写真はトイレの外壁です。トイレ周りは全てこの塗料)



というわけで、田んぼと畑の小休止のこの時期に、私もDIYに挑戦してみました。

サンルームの設置に応援…というより、施工に来てくださっている大工さんのアドバイスをもらいながら、高校の教壇の廃材をバラして、


色を塗り、電ノコでトイレ床のサイズに切り、


便座の形もジグソー電ノコで切り込んでいきます。


丸みとか、正確に測りようがないので、実物と合わせながら適当に切っていきました。
電ノコが置いてある屋外とトイレを何度も何度も往復して、ようやくここまで。




意味もなくランタンも置いてみたりして、ご満悦。


まだ残りの木を切り、最後に接着剤で貼り付けねばなりませんが、残りは稲刈り後にやります~^_^
14:19  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.10.04 (Sun)

床下断熱と畳配置

天井に続いて、畳の下の断熱もやってみました。
畳の下は薄い板一枚で、そのすぐ下は地面。コンクリートのベタ基礎ではないので土です。
確かに日本家屋は通気性重視で湿気対策には良いのですが、鹿留は山中湖や軽井沢に匹敵するくらいの寒さ。

一般的に床下断熱は、根太の間にスタイロフォームなど、発泡スチロールのような分厚い断熱材を敷き詰めるのが良いのですが、今回は簡単にアルミシートで断熱してみることにしました。

こんな感じです。



壁際の隙間も塞ぎながら、敷き詰めます。



来年の夏には、また、撤去するかもしれないので、シートに番号ふっておきました。

 

そして、畳を戻します。 

畳の下には、畳を置く位置を示す専門用語が書いてあります。

東西南北以外にも、川やマ(枕)など、並べ方を示す用語があり、ネットで調べながら、なんとか隙間なく置く事ができました。



畳には置き方の決まりがあって、祝儀式と不祝儀式と呼ばれていたようです。江戸時代には畳は貴重なもので、普段は立て掛けて置いておき、冠婚葬祭など何かあった時に、それにあわせて畳を敷いていたそうです。

奥深いな~。
もちろん、祝儀式で敷きました。 
6畳も、、、


こんな感じです(^_^)v

ついでに、玄関にビニールカーテンも!



断熱効果は、いかに❗️❓
22:55  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |