2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.29 (Fri)

いよいよ代掻き!

田植え前日に、代掻きです!

荒くりに続いて、トラクターを持ってるぱんちゃんにお願いしました。


そして、私もトラクター、はじめて運転させてもらいました!

これ、なかなか奥深く、面白いですよ。
車の運転が好きな人ははまるかも、、、(^o^)


結局、朝9時過ぎから夜19時過ぎまで、10時間くらいかかり、なんとか終了(^o^)/

そして、夜は明日、田植えを手伝ってくれる皆さんのお昼ごはんの仕込みです。

激辛グリーンカレー!


鹿肉の赤ワイン煮!



もう、夜中の一時回ってる~(*^o^*)

スポンサーサイト
20:27  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.27 (Wed)

【妻】苗をもらう!

今週末の土曜日はいよいよ田植えです。

質問:田植えの前になすべきことはなーんだ?
答え:植える苗を用意すること。
簡単ですね。

しかーし!
芽だしに失敗して、出だしで躓いた私たち
(あ、「めだし、でだし♪」韻ふんでる!)。

苗はまだまだ小さいまま。
5枚葉になったころが植え時ということですが、まだ2枚3枚葉。

ということで、田植え…あきらめます。チーン↓

・・・なんてことは、もちろんなく、苗をもらいます。
転んでもタダでは起きません!

しかし、まだ都留歴の浅い私たち。
苗をもらえる当てがあるわけでもなく、田植えをしている現場に突撃して「余ったらください!」と懇願する作戦も立てましたが…
そんなことをせずとも、人のつながりでもらえました~!

私たちの救世主は、
毎度登場の加藤大吾さん(いつもいつもありがとうございます)、
去年まで我らの田んぼをやっていたSさん
(私たちの苗の状態を見て一時期は「こんなのはゼロだっ!」と怒ってましたが、見かねてか苗を分けてくれました。
怒るのも、田んぼへの愛情ゆえですね~)、
そして、ひろちゃんのお友達のともちゃん。

ともちゃん一家は、苗を育てるところまではやったものの、
今年はいろいろな事情でコメ作りをあきらめたのだそうです。
そして、なんと!1反3畝分の苗を一気にくださいました!
ひろちゃんからこの話を聞いたときは、「突撃しなくていい~」と、ホッとしました。

それにしても、ここでも、いただきもの天国!
本当にありがたいです。

さて、大吾さんとSさんの苗は「育苗箱」という箱で育てているので、その箱ごともらってくればいいのですが、
ともちゃんちの苗は、「直播」といって田んぼに直に播いて育てているので、田植えができるようにいったん苗を土から取り出す作業があります。
先日、その作業をやってきました。


これは育苗箱の苗。因みに自然農とは違い、箱にきっちりいっぱい満タン、ふさふさです!


こちらが直播き苗の作業後の姿。我らの田んぼに放たれたところです。


これは直播きの現場。写真はほとんどひろちゃん提供

田んぼにビール箱をひっくり返して置き、その上に座ってやります。


作業するともちゃん

まず、鍬で苗を土ごとすくい、根元についた土をほぐして洗い流し、さらに絡まった根っこをほぐして一本ずつにします。

それを100本ぐらいの束に束ねて藁でくくります。



どうってことない作業なのですが、とろとろの田んぼの中での作業は足が踏ん張れず、あちこちに変な力が入ります。
土や根を水の中でほぐすので、ずーっと屈んだ姿勢。
半日もやると、「もー、腰が限界!」って状態になっちゃいます。

この作業をやったことを近所のおばさん(80歳)に話したら、
「そんなことわざわざやるのっ!?えらいねー。あー、そう。昔は私もやったよ。もう嫌だね~」と言ってました。

家でも畑仕事をしていると、だいたい80前後のおばさんがやってきて、
「よくやるねぇ。畑なんていやだいやだ!草なんか見たくもない!おーいやだ」と言って帰っていきます。
でも、次の日も、その次の日も来て、見ていくの。
「いやだ」と言いながら目は優しい。
懐かしいのと、もう嫌ほどやったっていう気持ちと、両方なんだろうな~^_^

確かに「ねばならない仕事」だとしたら、結構大変な作業です。
でも、種から芽が出たり、苗たちが育っていくのを見るのは、本当に何ものにも代えがたい喜びです。

腹筋はますます割れるしね。
下手なジムに行くより、ずっとオススメです!

でも、こんなことも、趣味の百姓だからこそ言えるのかもしれませんね。
21:11  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.26 (Tue)

【妻】いただきもの天国!

週末の家がある鹿留では、野菜の自給率が高い。
しかも、みなさん作り方が上手で、どんどん採れる!
とにかく野菜作りの腕前がすごいんです。

このところ暖かくなり、野菜がよく採れる季節になってきたせいか、あちこちから採れたて野菜をいただきます。
新鮮で美味しい野菜、本当にありがたい!

そういうわけで、今、我が家の冷蔵庫はいただきもの満載!

今日の夕食も…
・いただきもののサヤインゲンと買ってきたキノコの卵とじ、味付けはいただきものの手作り醤油!


・いただきものの苗から作ったレタス(初収穫物!)と、スーパーで買った農業女子はのちゃんのレタス、ガーリックソースかけ(コレ、はのちゃんの思いつきレシピなんだけど、これがうまい!うますぎて、このところコレばっかり)、

・いただきもののワラビの煮浸し(たくさんいただいたので、田植えイベント用にいっぱい煮付けました)、

・いただきものの青梗菜と、いただきもののサヤインゲンの味噌汁、

・買ってきた見切り品プチトマト
以上



以前、誕生日にもらった、お気に入りのいただきものCDを聴きながら食べました。

いただきもの天国だぁ~(^o^)

因みに、味噌汁の味噌と、ガーリックソースの塩麹は自家製です。どちらも人に教わって作りました。つまり、いただきものレシピですな^_^

いただきものシリーズのついでに、
はのちゃんからのいただきものの種の中で、最後まで残っていた里芋と小豆の芽が、遅まきながら出てきました~!





どんだけ待たせるねん!
心配したよ~^_^

因みに因みに、おかずの横にちらっと映ってるのは土鍋炊きごはん。
最近、かなり上手く手間なしで炊ける方法を編み出しました。
わざわざご飯炊き用の鉄鍋を買ったのに、こっちの方がずーっと美味しく炊けます。

こういう実用品の良し悪しって、実際に使ってみるまでわからないので、また、いつかブログで報告しますね~。

【夫コメ】
その頃、私は今週末の田植えに思いを馳せつつ、千葉の自宅でコンビニ弁当を食べるのであった、、、(*^o^*)

【返コメ】
羨ましいでしょ?普段の一人ご飯は具沢山味噌汁と、ご飯と漬物だったりするんだけど、折角のいただきもの、新鮮なうちに食べたいからね~!
21:12  |  暮らし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.18 (Mon)

丸の内地方創生トーク

 平日のお昼休みに、トークイベント「丸の内×限界集落~東京の中心で地方創生を考える」が開催されました。



真ん中でお話しされているのが、司会役の小泉進次郎さん。主催は、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局だそうです。


こちらがチラシです。

トークのメインテーマは、『人口急減や超高齢化という地方(=日本)の課題に対して、首都圏で働きながら地方とどう関わるか』というもの。

お昼休みにオープンスベースでの開催ということもあり、丸の内のビジネスパーソン300人くらいが足を止めて聞いていました。マスコミ各社も来てましたね。


パネリストはチラシに掲載されている方々で、私がこのイベントを知ったのは、このパネリストの中のNPO法人「えがおつなげて」の曽根原久司さんの活動に興味を持ったからです。

地方への移住は、私も含め個人で動かれている方が多いと思われますが、曽根原さんは企業と地方をつなぐ活動をされています。

トークイベントの中でも、「えがおつなげて」と共に、農業体験ツアーなどを行っている三菱地所のCSR活動「空と土地プロジェクト」の紹介がありました。詳しくは、曽根原さんの著書をご覧ください。


司会役の小泉さんも「東京五輪後、日本の人口が減っても活力ある社会を作るためには、東京一極集中ではなく地方創生が必要」と話されてました。


トークイベントで配布された資料です。


この中にこのような記載がありました。


そして、東京在住の半数の方々は、地方へ移住がしたいと思っているようです。想像以上に移住を希望する方は多いですね。



その他のパネリストの方々も、それぞれの立場、視点から興味深いお話しをされていました。


じゃらんの沢登さんは、、、

「国内旅行市場が若干縮小している。地方の輝く魅力をもっと都会の人に体感してもらうとこで、都市に暮らす人たちが豊かになってほしい。」というような事を話され、そのためには、地方は、価値創造、需要創造、環境創造の3つが必要とのことです。なるほど~!


名刺管理システムで有名なSanSan代表の寺田さんは、徳島でのサテライトオフィスについて、「地方のためという思いはあるものの、企業のためにというスタンスでやって欲しいと頼まれて、サテライトオフィスをやった。結果、会社へのメリットも大きいことがわかり、徳島以外の地域へも拡大中です」

社会のためとか、ワークライフバランスのためとう目的では長続きしない。なるほど~。


先の三菱地所でも、農業体験やボランティアにとどまらず、つくった酒米でオリジナルのお酒(丸の内)を販売したり、里山を守りつつ伐採した木材を住宅建設の材料として使用するなど、確実にヒジネスと結びつけています。

企業が地方の文化や自然を守りつつ、雇用創出に貢献していくことは、素敵なことですね。

さあ、自分は何をやるかな~(^O^)


追伸)SanSanの方と名刺交換させていただいたら、なんと( ̄▽ ̄)


頂いた名刺がクッキー!

「名刺管理ソフトで、名刺データを読み込んだ後は、食べてくださいね」とのこと、、、

なるほど~!ムタがない!!


以上、大変刺激的な昼休みでした。

22:46  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.18 (Mon)

【妻】畑の進捗

畑が少しずつ進化しています。


遠目に見ると、全体的に枯れちゃってるみたいですが、刈って置いた草の合間から芽が出始めています。
この辺りは夜かなり気温が下がるので、芽の出や育ちもゆっくりです。

種をまいた後、3週間たっても芽が出る様子がなく心配された「寅夫さんのきゅうり」も、


はのちゃんに貰った「すくなかぼちゃ」も、

(去年の種ということで発芽率が悪いことを見込んで3粒ずつまいたら、全部出てきちゃった。間引かなきゃなんだけど、間引けない~>_<)

その他、エンドウ豆、「風と土の自然学校」同期生のKさんからいただいた「カツオ菜」と「高菜」、赤紫蘇など、次々と芽が出始めました。

早まって植えてしまった大豆も、こんなに大きく育ち…

これは枝豆で食べましょう^_^

なんちゃって自然農法なので、草を徹底的に刈ることはせず、苗は枯れ草の合間から顔をのぞかせます。
本来なら邪魔にならない草はそのままにしておくのですが、うちの畑に多いスギナはあまりにも根を張るので、だいぶ刈っちゃいました。
刈った草は、苗の周りに置いて、天然マルチです。
(※マルチとは水の蒸発防止と保温のための黒いビニールシートのこと)

まだ芽が出ないのは里芋とトマト。

苗でいただいた野菜たちはほぼ元気です。

ただ、大吾さんにいただいた「これまで食べた中で一番おいしい!」というかぼちゃの苗に霜が降りてしまい、こんな状態に。


写真だと少し分かりにくいですが、外側の葉っぱがしなっとなって、縮んじゃってます。
そういえば、大吾さんちではまだハウスの中で育てていた>_<
いきなり外、しかも、都留の中でも寒い鹿留の畑じゃ、びっくりするよね。
ごめんね、かぼちゃの苗さん。
そして、大吾さん、せっかくいただいたのにごめんなさい~>_<
慌てて夜だけカバーを被せる作戦に。
小さな新芽が出てきているので、復活に希望を託します!

畑は開墾スペースがだいぶ減ってきて、後は休憩所と小道と、小さい畝を作ったら終わりかなぁ。
結構広い畑で「こんなにできるかなぁ?」と思っていましたが、種や苗をいろんなところからいただいているうちに、あっという間に畑が埋まってしまい、逆に小さすぎると感じるほどに!

いやあ、田んぼも楽しいけど、畑も楽しいです!

余談ですが、田んぼと畑作業を始めたら、わたくし、みるみる脂肪が減り、筋肉が少しずつつき、現在なんと4kg減、体脂肪率18%強になっちゃいました。
ちょっと減りすぎです。
でも、縦にうっすら割れている腹筋がちょっと自慢だったり。うふ

【夫コメ】
私もなんだかんだで2キロ減、体脂肪率2%減です。でへ。

13:01  |  野菜全般  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2015.05.17 (Sun)

第2回全国馬耕大会

この週末は、都留環境フォーラムから案内のあった『第2回全国馬耕大会』に参加してきました。


会場はもちろん畑です!


今回は都留環境フォーラムの馬耕担当、コータローだけでなく、4つの地域から、色々な働く馬さん達が集まりました!ご紹介します。まずは都留環境フォーラムのコータロー!   

お辞儀してます(^o^)

そして、長野から!

次は馬耕ではなく、木を山から運び出す馬搬の木曽馬親子!



そして、山中湖から!



開会式!(^o^)

いい天気です(^O^)


馬耕競技開始!


審査基準は、いかにまっすぐに、いかに深く耕せるか!

しかし、中にはステップを踏みながら、、、



はたまた子供を背負って(^O^)


爆笑(^O^)   面白過ぎます‼️

ちまみに私は予選落ち(*^^*)

でも、楽しめるアクティビティも盛りだくさん!



山で働く人と馬、、、


働く人???


物販コーナー!


思わずオリジナルTシャツと手ぬぐいをお買い上げ~(^o^)/

ご飯も充実してました!






美味しくて、食べ過ぎました(*^^*)


馬耕競技優勝は子供を背負いながらもまっすぐ深く耕した肝っ玉母ちゃんが優勝*\(^o^)/*


おめでとうございます!

都留環境フォーラム、および『はたらく馬協会』スタッフの皆様、お疲れ様でした!

ありがとうございました!!


最後にこの動画をご覧ください(^_^)

子馬の親子は、、、(←クリック)


かわいい(^。^)

【妻コメ】 子馬かわいい~!あー行きたかったなぁ~。猟師さんの鹿肉シチューも食べたかった!

22:55  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.13 (Wed)

なぜ不便な山村に?

昔の人は、なぜ不便な山村に暮らしていたのか?


以前からの疑問に答えてくれるブログを見つけました!





続きはこちらから(^o^)↓


NHKブログここをクリック!


そう言えば、ロシアでは1998年に通貨危機がありましたが、ロシア市民は週末の自給的な菜園を持っていたことで、この危機を乗り越えることができたそうです。

この菜園付きセカンドハウスは『ダーチャ』と呼ばれており、ロシア市民3400万世帯の約8割が所有、国内生産のジャガイモの9割、野菜の8割が、このダーチャで栽培されているそうです(^O^)

日本人は大丈夫かな~?


22:38  |  暮らし  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.12 (Tue)

システムデザインって⁉︎

都留の梅崎家主催の、風と土自然学校の第二回講座に参加してきました。

今回は、いろいろな野菜の種まきや苗の植え付け、また、ヴァンダナ・シヴァさんに学ぶ作物の種の話し、そして、パーマカルチャーの考え方の一部『システムデザイン』を学びました!

まずは、畑へ!


写真沢山ありますが、詳しくは、風と土の自然学校の公式ブログをご覧ください(^_^)

  自然学校公式ブログはこちらから!

そして、夜はヴァンダナ・シヴァさんの種を守る話し。本当に大切な話しです。

誰?って方は、是非こちらのDVDを!


さらに懇親会では、みんなで持ち寄った種の交換会を行いました(^o^)



2日目は、畑の作付け計画をグループ毎に行います。


こんな感じ(^_^)v



その後畑作業の続き、そして最後にシステムデザインのお勉強。

循環型社会を考える時に抑えるべき3つのポイントは、エネルギー、水、有機物だそうです。

この3つのポイントについて、実際に梅崎家がとのようになっているか、実態調査をグループワーク取り組みました。

そして、模造紙にまとめて発表(^o^)/

①エネルギー


②水



③有機物



各グループから、新たな提案も出たりと、楽しく盛り上がりました!

そして、自分の家がどうなっているかが、宿題に出ました(*^_^*)

講座の内容は以上ですが、この講座になくてはならないのが、こちら!








梅崎家の手作りご飯はいつも美味しくてヘルシー!ごちそうさまでした(^o^)/

また、来月も楽しみです!


【妻コメ】 あ!宿題やんなきゃ!!



17:21  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2015.05.11 (Mon)

【妻】荒くり



今日は、田んぼの荒くりをやりました。
というか、やってもらいました。

荒くり、荒起こしなどいろいろな呼び名があるそうですが、田んぼに水を入れ、土と水をかき回して、ドロドロにする作業です。

これはさすがに人手では大変なので、トラクターに入ってもらいました。
トラクターを操っているのは、都留環境フォーラムのぱんちゃん!


実は、荒くりをやってくれる人を探すのは意外に難航しました。
知り合いの知り合いとか、JAとか、いろいろ当たってみましたが、トラクターが大きすぎて入らなかったり、ちょっと料金が予算オーバーだったり。
また、水に入る作業ということで機械が壊れやすく、トラクターを貸してくれる人もなかなかいません。

大吾さんの都留環境フォーラムにお願いしては?というひろちゃんのアイデアから、じゃあ、コータロー(馬)に馬耕でやってもらおう!など、妄想も広がりましたが、結局、フォーラムの農業担当ぱんちゃんがトラクターでやってくれることになりました。

その代わり、ガソリン代などもかかるので、フォーラムメンバーの自給用の米を四日市場の田んぼで一緒に作らせてくれ、という素晴らしいオファー!
一種の物々交換ですね^_^

私たちには広すぎる田んぼを一緒にやってくれる専門家が突然現れたわけで、私たちにとっては願ったり叶ったりです。
ひろちゃん、ナイスアイデア!

そんなこんなでこの日を迎えました。
この作業で一気に田んぼらしい顔になります。


後ろの方に写っているように、まず虎刈りにして、次に刈り残しのところをやり、今度は直角方向も同様にやるそうです。丁寧な仕事、してますなぁ。


最近、田んぼの作業をしていると、いろんな人に声をかけられるようになりました。

そのうちの一人、Yさんのアドバイスで、この日、線路沿いの草も刈ることに。風通しを良くして、イモチ病を防ぐためです。

というわけで、ぱんちゃんのトラクターさばきに惚れ惚れしながら、私はすみっちょで草刈りの一日でした。

明後日、台風が来るって予報だけど、無事通り過ぎてくれるかなぁ~。


【夫コメ】

荒くり、仕事で参加できず、、、一緒にやりたかったな~( ; ; )

ぱんちゃん、遅くまで、ありがとう!

20:22  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.07 (Thu)

【妻】芽だし失敗!

4月12日に芽だしと種まきの記事をアップしましたが、その後、苗作りは紆余曲折。
トライアンドエラーの奮闘っぷりを書いてみます。
........
種まき後、「あとは、苗が育つのを見守るのみ」と思っていた私たちですが、とんでもない!
待てど暮せど、土の上に芽が出てきません。

2週間ぐらいほとんど芽が出ず、こんな状態

全く出ていないなら、却って、まだ寒いからこれからかなぁとも思えるのですが、このまばらな出方は何だ???
出ているのは既に結構伸びているし…。

その後も何日か見守りましたが、爆発的に芽が出てくる気配はなく、「…*`+=?」と思っているところに、都留環境フォーラムの加藤大吾さんからひろちゃんに、「芽だしした種もみが余ったからあげようか~」というオファーがありました。

ありがたい!

ひろちゃんが大吾さんから種もみを貰ってきてくれて…見てみてびっくり!

にょろにょろ~っと芽が出てるぅ~。

いや、そら当たり前なんですが…、これを見て、私たちが「芽」と思っていたのは芽ではなかったことがわかりました!


この少し前、いろんな経緯で四日市場の田んぼに関わってくれることになった都留環境フォーラムのぱんちゃんが、私たちの種もみを見て「これ、まだ芽が出てないですね~」。

「え~~~!」

私たちは種もみの端っこのプチっとした部分が芽だと思っていたのですが、これは芽じゃないみたい。


左の「芽?」が私たちの思っていた芽、右2つの「芽!」が実際の芽です。

こんなにニョロニョロしてないとあかんの~?
知らなかった>_<

何しろ、苗づくりが初めてなのはもちろん、誰かが苗づくりをしているのを見たこともなかった私たちです(無謀!)。

ってことで、保険としてもらってきた大吾さんの種もみ、当初は「実験的に直播にしようか」なんて呑気なことを言っていましたが、急きょ、育苗箱の土をいったん掻き出し、大吾さんの種をまき直しました。

ついでに、私たちの余った種もみもまき直しました。
そのころには、我らの種もみにもニョロニョロと芽が伸び始めていたのです。

早まって食べないで、とっておいてよかった!


すると、植え替え後数日で、小さな苗たちが育ち始め…今はこんな感じです。


でも、まだ生え方がまばら。
中にはあまり育っていない箱もあります。

後からまいた中でも、少々芽の出が悪かった種もみの箱は、やはり伸びて来ない>_<

苗箱の半分ぐらいは使えそうかな~。
保険で倍の量作っているので、量的にはギリギリ間に合うかもです。
でも、よく生えている箱でも、ギッシリとは行かずややまばらなので、足りないかも。
足りなかったら、既に植え終わった人の苗を分けていただく作戦です>_< ^_^;

ナンチャッテ・イイカゲン農法です!

他にも、種もみの上に土を被せすぎた、種まきの後すぐ大雨が降ってしまい種が流された、種まきの後気温の低い日が続いた、昼間のトンネルを開けている時間帯に種もみを鳥に食べられた、など、様々な要因が少しずつ重なってもいたようです。

来年からの教訓とします!

趣味の田植えなら、こんな失敗や苦労も、楽しいな~^_^/

でも、仕事として農業やってたら、本当に大変だろうな。

自分の都合や努力ではどうにもならないこともたくさんあり、農をやっていると、自然と謙虚になるようです^_^

【夫コメ】
やはり、お米も生きものなんですね~。人間の一方的な都合には合わせてくれません。単純に田植えから逆算した日程で決めてしまったことが、根本的な敗因だと思います。
気温や気候を見ながら、植えたり、育てたりしないと、、、
いい経験、勉強になりました。


14:06  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.07 (Thu)

荒起こし準備&水入れ

来週、耕運機での荒起こし(荒くり)を行います。 ただ、畦がコンクリートで、際(キワ)は耕運機ではできないため、畔際は手作業で荒起こしを行いました。 こんな感じです。 


ひろちゃんや、今回一緒に田んぼをやることになった都留環境フォーラムのメンバーと一緒です。

水路や畦の草刈りも!


刈払い機、おニューです。

自動で長さが調整されるナイロンコード、便利ですね~(^O^)

休憩&打ち合わせ。


その後、試しに水を入れてみました。微調整か必要ですが、まずまずです(^o^)

苗もなんとか頑張って育ってます!

以上、近況報告でした(^_^)v

07:42  |  稲作2015都留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.06 (Wed)

鹿留の湧き水

週末移住した都留市鹿留地区は、鹿留渓谷と大沢渓谷があり、水が豊かです。


なんと家の水道も湧水を引いた簡易水道!水が美味しいんです‼️

さらに、近所の方より、鹿留に湧き水が汲める場所があると聞き、行ってみることに、、、

見つけました!


するするって、なに???


湧き水はこんな感じで、、、

がんがん湧いてました(^O^)

もちろん、冷たくて美味しい!!


タンクでお持ち帰り!

家に帰って、簡易水道の水と比べてみたのですが、、、


味の違いは分かりませんでした(*^^*)

それほど、鹿留地区の蛇口から出てくる水が美味しいということなんです!

凄~い( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに鹿留川の湧き水は桂川を経由し、相模川へと流れていきます。相模川は神奈川県の水源ですね。

都留市が湧き水で有名なのは、富士山の溶岩が流れてきたのがちょうど都留付近までらしく、地中に染み込んだ雨水が数十年かけて濾過され、この溶岩層で止まり、山間の壁面から流れ出てくるからだそうです。

なるほど~(^o^)


水汲み場にあった看板です。


やっぱり美味しい水を守るには、森を守らないとね~(^o^)/


13:15  |  住居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT