2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.22 (Sun)

大豆植えました!

今回は田んぼではなく、大豆を植えました!

匝瑳プロジェクトでは、田んぼと大豆の二つを経験させてもらえます。

お借りできる区間は、確か4m×2mくらいですが、区間に余裕があったので、二区画お借りしました。

【妻コメ】
大豆まきといっても、素晴らしい土を作ってくださってあるので、ごく簡単。
指で土にスーッと穴を開けて、
去年の大豆(種用にいいのをより分けてくれてあったもの)を2粒ずつ撒き、
土をかぶせて、ぎゅっと固めて終わりです。
どんな種でも、かぶせる土は種の3倍ぐらいだそうです。

大豆ちゃん、育ってくれるかな~?


スポンサーサイト
23:33  |  大豆  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.14 (Sat)

【妻】ひとり草取り

この日はダンナさんが来られないので、一人で電車を乗り継ぎ、草取りに行きました。
駅までSOSA projectのしのさんが迎えに来てくれて、一緒に田んぼへ。



稲もだいぶ育ち、そろそろ草には負けない感じになってきました。

一人の草取りは初めてでちょっと心配でしたが、集中してやったせいかサクサク進み、あっという間に終わってしまいました。
ちょっと物足りないぐらい。

稲ちゃんさらにぐんぐん育ってね~。

今日は書くことが少ないので、
衝撃の(?)ヌカカ刺され写真です~。


こんな感じです>_<

失礼しました。

【夫コメ】山中湖に行っておりました。
お口直しに富士の美しい写真をどうぞ。


20:47  |  稲作2014千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.08 (Sun)

里山エコツーリズム

今回は匝瑳ではなく、富士山方面へエコツアーなるものに参加してみました。

企画しているのは(有)リボーンという会社で、てんぷらバスで新宿から往復する日帰りのツアーです。

てんぷらバスとは通称で、ガソリンの代わりに廃油を使ったディーゼルエンジンのバスのことです。
嫁は「てんぷら蕎麦を食べるバスツアー」だと思っていたようですが、そうではありません(*_*;

この日は、山梨県都留市の加藤大吾さん、上野原西原の冨澤太郎さん、東京都檜原村の竹本亮太郎さんを、1日で訪ねるという、強行スケジュールでした。
加藤さんちのホームページ↓
暮らそう
加藤さんが代表を務める都留環境フォーラム↓
都留環境フォーラム
竹本さんの日野原へんぼり堂↓
へんぼり堂

しかし、前日の大雨のため道路が閉鎖され、上野原と檜原には行けなくなってしまい、終日都留市の加藤大吾さん宅に滞在することに。

まずは、加藤さんの庭やお家の見学から。
加藤さんは、田んぼや畑をやるだけでなく、鶏や羊も飼っています。田んぼの藁が羊小屋に敷かれていたり、それを鶏がいい具合につついてかき回して藁床にしてくれていたり・・・そんな感じで、加藤家の中でいい具合に命が循環しています。





そこに冨澤さん、竹本さんも駆けつけてくださり、それぞれのお話を聞くことができました。




お昼は大吾さんちで採れた小麦と卵で作るパンケーキ。
小麦を挽くところから始めます。


分量は適当。
それぞれ個性的なパンケーキを焼いて、いただきます!
手作り度が高ければ高いほど、うまい。


食後は加藤さんちの羊の毛でミサンガを作りながら、いろいろとお話を聴きました。
<写真追加予定>

御三方とも、同様な活動をしているのかと思いきや、自然、山里、地域との関わりが三者三様で、それぞれとてもユニーク。
そこがとても良かったし、自分たちも自分たちの形を見つけていきたいと感じました。

視野を広げていただいたこのツアーや貴重な出逢いに感謝です。ありがとうございました!!!


【妻コメ】
加藤さんも、冨澤さんも、竹本さんも、本当にすごい。
人間的な魅力的が溢れでて、ピッカピカでした。

上にダンナさんが書いているように、それぞれやっていることは全然違ってて、でも、志というか方向性はすごく似ていて、その辺の案配が絶妙。
それぞれが自分の得意分野を活かして活躍しているって感じで、ほんとにいいな~と思いました。


22:37  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.03 (Tue)

草取りと山里活動

5週連続、匝瑳です(^_^)v

そして、梅雨。

かっぱに長靴。流石に裸足では寒いです。

そう、田んぼの長靴は普通の長靴では、足を取られてしまうので、『みのるくん』という長靴を使っています。



暖かくなってきたからか、雑草の成長スピードが上がっています。


雑草抜いた後の様子。

稲もちゃんと成長してますね(^o^)

ところが、よく見ると、、、
虫が発生していました。




これは泥虫と言うそうです。
葉の白くなっている部分が食害を受けたところです。

プロジェクトの皆さんに確認したところ、「払えば落ちますよ。ある時期になればいなくなるので、まあ大丈夫でしょう」とのことでした。

無農薬だからしょうがない、というか、無農薬の証拠!それでも気になりますね~(*^o^*)

今日のお昼ごはんは、雨のため、プロジェクトでお借りしてるアルカディアの里にあるアトリエをお借りしていただきます!

すいません、準備している写真しかなかった、、、
雨の中の作業で、少し疲れていたようです(*^^*)


毎月第1週の週末は、里山活動と言って、地元の方達と、裏山の間伐や山道作りなどを行います。

はじめて草刈り機を使いました。

小雨でレンズがくもってますね。

草刈り機、操作は難しくはないものの、うまく刈るにはコツがいります。焦らずゆっくり動かすこと、右から左に動かしたら最後に左に草を払うように返すこと。地元の大木さんに丁寧に教えていただきました。

なるほど、慣れてくると楽しくなってきます!

大木さんには、しろ掻きの日にも、筍刈りに連れて行っていただきました。

名刺頂いたら『シャトルおおき』って書いてあり、、、理由を聞いても笑って教えてもらえません。いつも楽しいトークを投げかけてくださる大木さん、お茶目な里山の大師匠です!

でも、写真がないな~

あっ、真ん中のこの方です!


ということで、小雨の中の作業でしたが、、、

これはこれで、、、

気持ちいいんです!

本当です。

今まで、雨って単純に嫌なものでした。

でも、自然の中の雨は、自然の一部なんです。

それを、理屈抜きで感じて、その中にいる自分も自然の一部と感じる瞬間があります。

これは、大きな気づき、発見でした!

またもや、感謝感謝です。


【妻コメ】
にっくき泥虫!
どんどん白茶けていく稲ちゃんが心配で、指でたくさん潰しちゃいました。

でもでもね。
泥虫も、よーく見てみると、これまたちょっとかわいいくて。

指に乗せてじーっと見ていると、そのうち安心してか、外の様子が気になるのか、
どろんとした体の中から、そろそろ~っと顔(?)を出してくるのです。
ちょうどかたつむりが殻から顔を出すみたいに。
小さな顔をちょこんと。

むふ。結構かわいい。
たくさん指で潰しちゃったことをちょっとだけ後悔。
泥虫も生きていかなきゃならないんだしね~。
なーんて言ってるのはアマいですかね。

ちなみに、箒でサワサワやると、落ちるらしいです。
それに時期が来たら本当にいなくなりました。

そして、稲の生命力はとっても強かった!
虫に食われながらも、すくすく育ってくれました^_^

雨のこの日は、田んぼの拠点として家や庭を使わせてくださっているAさんのアトリエでお昼をいただき、そのあと、軽く自己紹介をしました。
みなさんいろんな状況で、いろんな理由で田んぼを始めたのだということがわかり、とても楽しい充実した自己紹介でした。

雨の田んぼは、晴れの日とは違う匂いで、こんな田んぼも気持ちよくて大好きです。
(寒い季節だったら辛いでしょうけどね!)


23:34  |  稲作2014千葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |