2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.20 (Mon)

鹿革の新作紹介!

先月も紹介しましたが、獲れた鹿の皮をなめしてもらい、ログラック&キャリーを製作していただきました。


獲れた鹿は推定95キロの立派なオスだったので、まだ鹿革に余裕がありました。そこで、以前から欲しかったA4のノートパッドもお願いしていたところ、完成したとの連絡が!!


凄ーい!かっこいい!!

私はノートではなくレポート用紙を使うので、レポート用紙が差し込める仕様になっています。

こだわったのは、折り曲げた時のマチのサイズ。資料をはさんで持ち歩く時に、資料の厚さが少なくても多くてもずり落ちないように、マチのサイズや形状も指定しました。

じっくり使い込んで、味を出していきたいと思います!!

そして、まだまだ、鹿革に余裕があったので、かみさんが鍋掴みをオーダー!


これまた、かっこいい!
どんな使い方をしようか、ワクワクしちゃいます^_^

まだ、あります。

さて、これは、なんでしょう?!


正解は、チョークケース!

かみさんは仕事でチョークを使いますが、家でもチョークを使う機会があるので、オーダーしました。


チョークで手が汚れないという実用性もありますが、ちょっとした遊び心がいいですよね~。


今回あらためて感じたのは、身の回りの道具ひとつについても、材料や加工のプロセスを知り、その物語を感じながら、命のリアリティを受け止める、そんな暮らしが本当に豊かだと感じています。

今回4つの作品を製作していただいたのは、大月のお友達、二菜ちゃんの工房です。
興味ある方は是非^_^

新聞記事のリンクはこちらから↓
「Lmルーメン」大月市観光協会記事



スポンサーサイト
13:51  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.22 (Sat)

無煙炭化器!

テレビで見たモキ製作所の無煙炭化器を購入しました!



ステンレス製のプレートでできた輪っかです。
これが、ただの輪っかではなく、絶妙な角度でできているそうで、、、



この構造のおかげで、無煙で炭ができるってわけです。

やってみました。



最初は煙がでますが、火が安定せると、ほとんど煙は出なくなりました。

そして、30分から1時間くらいで、燠火(おきび)状態になります。


このまま燃やし続けると、灰になってしまいます。畑や田んぼ用にまくよであれば、水をかけて消火します。

乾燥したまま消火するための、専用の蓋も販売されています。

この無煙炭化器で、藁を燃やそうとしたのですが、藁が湿っていたので、煙が出てだめでした。やはり、木材でも藁でも、水分が多いと難しいです。薪ストーブと同じですね。





00:42  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.29 (Mon)

包丁の切り出し体験

道具の話が続きます。

刃物の鍛冶屋と言えば、新潟越後の燕三条や、兵庫県三木市が有名ですが、幕張メッセで毎年夏に開催されるDIYショーでは、「三条鍛冶道場」という新潟にある施設が幕張メッセにやってきます。ここでは、包丁やナイフの切り出し作り体験ができます。
以前は屋外で開催されていたそうで、その時は焼き入れもやっていたそうですが、現在は屋内会場のため、切り出しの工程のみです。

こちらが、私が切り出した包丁!!

とは言え、職人さんが沢山いらしており、丁寧にサポート、修正、仕上げもしてくれます(*^_^*)

名前も入り、切れ味抜群!包丁の砥ぎ方の勉強にもなるので、オススメです。材料費込み、約1時間で2500円でした(^o^)

いただいたチラシも、備忘録として、アップしまーす。参考まで!











来年の夏まで待てない方は、新潟のこちらの施設へどうぞ(^o^)/

三条鍛冶道場のサイトへ!


21:51  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.28 (Sun)

竹中大工道具館!

実家のある神戸に大工道具の博物館があることを知り、早速行ってきました!




立派な建物。
さすが、竹中工務店の施設ですね。

中もゆったりと、いい感じ。


展示は地下一階と地下二階で、それほど広くはありませんが、樹木の話から始まり、木材の加工の話や、大工道具の種類や歴史、鍛冶職人の紹介など、かなり見ごたえがあります。

木の種類と特徴

硬さや油分、木目などで、使う場所が違ったり、地域によっても好みが違うそうです。


木の部位と活かし方



もちろん道具も沢山展示されています。

ちなみに、大きなのこぎりは、大鋸(おが)と言いますが、そのクズが、おがくず(大鋸屑)です。


スケルトンの茶室

土壁の内部には、数寄屋大工の隠された仕事が、、、

組子障子

素晴らしい日本の美。

巨匠 江戸の鍛冶職人 千代鶴是秀


是秀氏の工房も再現されてます


ここでどのような仕事が行われていたかは、以下の動画リンクをクリック!


「村の鍛冶屋」へ



補足) ・いっこく=頑固
・らんだ=怠惰


様々に装飾された墨壺

大工さんが、雨の日に、彫刻をして、腕を磨いたそうです。


棟梁の一言

深い、、、


そして、、、


買うか、、、



ドイツの大工道具と家の組み方

その他にも、ノルウェーやフランス、中国の大工道具もありました。


他には、木工が体験できるコーナーや図書コーナーなどもあります。


お土産コーナーもあり、、、

こんなのや、、、


こんなのも。


なかなかセンスいいですね~(^o^)

博物館が発行している本を購入しました。


この博物館には、音声ガイドや映像ガイドが無料で借りることができます。

今回は1時間半くらいで見て回りましたが、全体を通して、大工さんや鍛冶職人の方々への敬意に溢れており、大変心地良く感じました。もう一度、ゆっくり、訪れてみたいと思います。

興味のある方は、以下から、公式のホームページをご覧ください。

竹中大工道具館のホームページ




16:03  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.08.26 (Fri)

お米の保管

収穫したお米の保管のお話です。

一年分のお米を保管するには、冷暗所に保管しておかないと、カビとか虫とかが出てしまいます。
夏でも涼しい蔵があるといいのですが、ないので、我が家では、この袋に入れて、家の中の比較的涼しい場所に保管していました。

柿渋で撥水。3年間保管できるとのことです。

それでも、千葉での保管は部屋の湿度も高く、温度も上がりがち。

そんな時に、こんな商品を見つけました!
玄米キーパー!!




簡単に言うと、布団圧縮袋の米袋版です。

やってみました!


おー!掃除機で吸い込むと、米袋の中の空気もばっちり吸い込んでくれました。

湿気対策だけでなく、米の乾燥もよくないらしく、これも防いでくれるそうです。いずれの商品もアマゾンなどで、購入可能。

さて、今年は何袋穫れるかな~(^ ^)
13:28  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.07.08 (Wed)

【妻】コンポスト

何度か書いておりますが、今年、山田家は、梅ちゃんの「風と土の自然学校」の連続講座に参加しています。

都留には梅ちゃん一家をはじめ、田畑をやるだけでなく鶏から羊、馬まで飼っている大吾さん一家、大吾さんを中心にした都留環境フォーラムの面々、農業女子のはのちゃん、腸セラピーのひろちゃんなどなど、すてきな移住者がいっぱいいて、そこも都留の魅力の一つです。

みんな地元に溶け込んで、とっても楽しそう!
このいい具合に混ざり合ったちょうどいい感が、いいな~と思います。

さて、連続講座、毎回濃厚です。
全て書いていると膨大な量になるので、詳しくは「風と土の自然学校」のブログをご覧ください。
http://s.ameblo.jp/noteki-kurashi/

今月6月の講座は、システムデザインの宿題発表からはじまり、畑仕事、段ボールコンポスト作り、梅拾い、快医学など、またまた濃厚な二日間。
どれもとても勉強になり、しかも楽しい!
梅拾いは、思わず夢中になって、雨が降るのにまだまだ拾いたーいって感じでした。あっという間にバケツ4-5杯分の梅が集まりました。
この梅は、念願の「梅仕事」へと繋がっていきます。
「梅仕事」については改めて書きますね。

今日は、充実盛りだくさんの講座内容から段ボールコンポストについてご報告。
というのも、デモンストレーションで梅ちゃんが作った段ボールコンポストをいただくという幸運に恵まれ、持ち帰って早速使ってみて…もうもう本当に、その威力にびっくりしてしまったのです!

野菜の切りくずからお皿についた残りかすまで全部まとめてコンポストに!


で、土をかけて、寝かせると、2日後にはもう全部土になってる!


なんだこれは!
しかも量があんまり増えない。
本当に分解してくれているんですねぇ。
いやー、ここまですごいとはっ!
このコンポスト、納豆などの発酵食品の食べられなくなったものなどを混ぜると、更に威力が増すそうです。

作り方も極めて簡単。
段ボールをしっかりガムテープで止めて、腐葉土またはピートモスと米ぬかを7:3の割合で混ぜ、水をプラスして湿らせるだけ。
(ギュッと握るとほんの少し水がにじむぐらい)
そのまま置いておくと、発酵してほっかほっかにあったかくなります。
それで出来上がり。
温かくならなかったら、少しヌカを足すといいそうです。

そこに生ごみを混ぜると、もう数日後には土状に分解されています。
白っぽいほわっとした胞子状のカビが舞いますが、これは大丈夫なのだそう。
ただ、乾燥しすぎるとカビが舞いすぎるので、適度に湿り気も必要。
水分が蒸発しすぎないように古いTシャツなどで上から覆って輪ゴムなどでとめておくといいそうです。
因みに上の写真は乾燥しすぎた状態…だと思います。

生ごみを出さない生活って、罪悪感も感じずにすみ、なんだか快適!

このサイズだとやや小さいので、2つぐらい作って交互に入れようかな~と思ってます。
あと、段ボールだと、長く使ううちにやはりダメになってしまうので、スーパーの買い物かごのようなものにネル生地を敷いて、そこに土を入れるのもいいとのことです。
20:09  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.03.21 (Sat)

軽デッキバン購入!

都留周辺に移住したら、軽トラか軽バンは必需品だと思い、いろいろと検討してきました。

そして、、、


こちらに決定!!


そう、ダイハツのハイゼット、デッキバン!

軽トラと軽バンのあいのこのような車です。
4人乗りなのに、荷台がオープンスペースになってます。


昨年、北海道カヌーキャンプ旅行に行った時から気になっていた車です。

この車種は、1988年にパナソニックの方が、冷蔵庫を立てて積みたいという要望を受け、ダイハツと共同開発した車だそうです。
後部座席を倒せば、小型家電も濡れずに運べることから、重宝されたそうです。

この年式の後部シート、商用車にしては、座り心地がいいんです!


このデッキバンは、一般の人にも根強い人気があり、農作業や狩猟をやる人も愛用しているとか(^_^)v
今でも新車の中で特殊車として、ラインナップされています。

デッキバンの中古で安いのは、玉数も少なくなかなか出てこないのですが、車仲間のYさんが、ネットで見つけて教えてくれました。ありがとうございましたm(__)m

早速、海老名ダイハツに向かい、即決!

13年落ちですが、車検が1年半付いて、なんと29万円!!
4駆ではないので、嫁さんの街乗りがメインになりそうです。

ディーラーで購入したので、整備や部品交換もバッチリして頂き、本日納車となりました。


ダイハツのYさん、丁寧なご対応ありがとうございました。
いつか一緒にカヌーやりたいですね~(^o^)

そして、車を買ったってことは、、、!?

そう、二地域居住の場所がついに決まりました( ´ ▽ ` )ノ

詳しくは、次回のブログで!!

【妻コメ】
デッキバン♪デッキバン♪
カワイイデッキバン🎶
水見に、通勤に、デッキバン♪

今日は相模湖であったイベントに参加して、早速高速使って都留まで移動。
初乗りです。
ほとんどペーパードライバーでしたが、がんばりました。田んぼのためならえんやこら、です。
いざ乗ってみたら、13年落ち軽バンのガタゴト、ポンコツ感がたまらない。
既に私の愛車です。
あー、かわいい!


13:49  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.03.12 (Thu)

【妻】エコふきん

山梨方面に週末移住を考え始めて数ヶ月。友人と借りる田んぼも決まり、そろそろ家も決まりそうです。

詳しくはまたダンナちんが記事をアップすると思いますが、そんなこんなで少しずつ荷物をまとめたり、運ぶものをより分けたりしています。

なるべく新しくモノを買わなくて済むようにあれこれ考えていますが、買ったものもいくつか。

その中の一つ、食器洗いのフキンがすご~く優れもので、あまりにもスグレモノなので、アップしちゃいます。



このブログに何度も登場しているダウンシフターの高坂勝さんの本だかブログだかで、ずいぶん前にこのフキンの存在を知り、ずーっと気になっていたのですが、前から使っていたボロボロのフキンがなかなか捨てられず、買うのをためらってました。



お疲れさま、のフキン↑
でも、いよいよほんまにボロボロになってきたのと、どうせ週末移住先と今の自宅と二箇所でフキンが必要になるんだからと思い、満を持して2つ購入!(っていうほどのことか?>_<)

前のフキンもかなり気に入っていたので、そこまで期待していなかったのですが、いや、これ、スゴイです。
洗剤なくても、食器がピッカピカに!
なになに?どういう仕掛けなの?
という感じ。
ダウンシフターやエコ志向の方のみならず、無精者にもケチな人にもオススメです。
洗剤を買わなくて済むし、洗剤つける手間も省けるから!^_^

販売もとのURLはこちらです。
コレカラのフキン

【夫コメ】
週末移住先は、渓谷や湧き水もあり、本当に水が豊かな場所。

歩いて5分で、、、



また、ブログをお楽しみに(^o^)/
20:20  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2015.01.11 (Sun)

車を考える。

本日は、幕張メッセで開催されている東京オートサロンに行ってきました。

オートサロンは、自動車メーカーとカスタムビルダー、パーツショップなどが一同に会する車のイベントです。


毎年通っていますが、今年の視点は少し変わりました。

移住先を探して都留や西桂町をまわるために、愛車FJクルーザーを使っていますが、林道や小道にはちょっと大きすぎるかなぁと感じています。

FJクルーザーは、こんな車です。




会場にはこんな車や、、、


こんな車も、、、



でも、今回の目的はこちら!


そう、軽トラです(^_^)v

最近はこんな雑誌を買って読みあさってます。




現在、軽トラを作っているメーカーは、スズキ、ダイハツ、ホンダの3社で、トヨタや日産はOEMですね。

3台並んでいたので、運転席に座らせていただきました。

スズキ


ダイハツ


ホンダ


確かに微妙に差はあるものの、座り心地だけでこれがいいというほどの差は感じませんでした。それだけ軽トラの競争と完成度は高いということだと感じました。

こんなパーツもあります。




そして、ホンダのブース。


という事で、こんな軽トラもあります!




車庫を上げてる、いわゆるアゲトラってやつですね。

さらに、軽トラではありませが、これも軽です。


よく見ると、、、

そっちじゃなくて、、、

ステッカーには『軽視庁』(^o^)

そして、軽トラモバイルの参考になりそうな、、、






今年中には、軽トラデビューしたいですね~。どんな軽トラになるかは、お楽しみに~(^o^)/

19:54  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.10.16 (Thu)

精米機 購入

コイン精米機という方法もありますが、今後も田んぼを続ける決心をしたので、思い切って家庭用精米機を購入しました(^_^)v



これが優れものです!

玄米から白米まで10段階に設定できます。
胚芽米もできます。
無洗米もできます。
玄米の無洗米もできます。
少し古くなって酸化したお米を削るフレッシュ機能もあります。

買う前は、毎回ごはんを炊く前に精米するのは手間かなぁと思っていましたが、2分ちょっとの手間で美味しいごはん。

買って大正解でした!

精米機の動作風景はこちらから(^o^)


23:18  |  道具  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |