2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.01.05 (Thu)

【妻】サンタクロース

もう年が明けてしまいましたが、去年の12月のお話。

Rio クリスマスの翌日、我が家にもサンタクロースが来ました。

うちは子どももいないし、二人とも記念日やイベントにそれほどこだわりがないので、最近あまりサンタクロースは来ないのですが、今年は来ましたよ!

朝起きると、できたての薪だなのうえに、大きな靴下がちょこんと置いてありました。

中身はこれ。


かわいいサンタクロースの正体は、、、


農業女子、はのちゃんでした。

今年は、うちのコメが全滅だったのを知っているからこのプレゼント。
くぅ~!
泣けるね~!

いつもながら、はのちゃんにノックアウトされてしまったのでした。



スポンサーサイト
15:24  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.04.17 (Sun)

【妻】リオ1周年

3月、私たちが鹿留に第2の居を構えて、1周年を迎えました。

いや~、濃い濃い1年間でした。毎日が発見、毎日が変化、毎日がわくわくの1年(ちょっと大げさ?)。

さて、話は変わりますが、少し前からリオでサルサ教室を始めまています。センセイはなんと、ダンナちんと私。恥ずかしいのと顰蹙買いそうなのとで、これまでブログには書けずにいました。

六本木では、むしろヘタっぴの部類に入る私たちですが、サルサが大好き。週末移住して、とっても楽しいけれど、唯一の心残りはサルサが踊れなくなってしまったことでした。

踊る場がない、踊る人がいない。だったら、踊る場をつくって、踊れる人を増やしちゃえばいいんじゃない?・・・ってことで、ずうずうしくも、始めましたよ、サルサ教室。

東京のサルサの先生が聞いたら、ぶっ飛んじゃってお叱りを受けそうなレベルなんですけどね、わたす。でも、サルサ人口がほとんどない都留では、私たちでも教える側になりえちゃう、ってことで、大目に見てもらいましょう。

「まー、誰も来なくてもしょうがないね~」って気持ちでちびちび始めたレッスンですが、12月の末から4ヶ月ちょっと、ほぼ毎週やっていて、お客さんが一人も来なかった日はなく、多い日は14,5人の満員御礼です!来てくれる人たちに本当に感謝しつつ、自分たちでもやや驚いています。

とはいえ、私は思うのです。人って、やっぱり踊りたい動物なんだよな~、きっと。音楽があったら身体が動いちゃうんだよ。でも、恥ずかしさとかそんなもので、その衝動を普段さりげなーく自分も気づかぬうちに抑えてるんだよ~!(←力説)

さて、そのサルサ教室のある日、ジャジャーン!



農業女子はのちゃんと、狩猟女子のまやちゃんがこんなサプライズを用意してくれましたっ!

Rio一周年のアニバーサリー。自分たちすら全然意識していなかったのに!う、うれしい。

ちょっと綴りが違ってるっていうのもまた可愛くて、更に笑いをもたらしてくれました。

農業女子はのちゃんは以前雪かきに私より先に駆けつけてくれた人。

雪の日のプログ

はのちゃんに見習うべきことは、まだまだ山のようにありそうです。
21:36  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.09.07 (Mon)

【妻】お神楽

毎月、第一の土日は梅ちゃんの「風と土の自然学校」で、パーマカルチャー(農的で持続可能な、循環する暮らし)を学んでいます。

土曜日は、先月の木工手作りの続きで、小さな椅子を作りました!

本当は木工は午前中にちょこっとやって、その後、畑仕事や種取り方法など、他のメニューも目白押しだったのですが、木工をやり始めたら、皆、夢中になってしまい、この日はずーっと木工!
おかげで、先月の木工講座を休みしてしまった私も、この日だけで椅子を仕上げることができました~^_^



日曜日は、前日できなかった畑作業。草を刈ったり、冬野菜を植えたり、畑の手仕事も皆んなでやるとワイワイ楽しい。

そして、ナツキータの美味しいヘルシーブランチの後、私たちは講座を抜けて、鹿留の家へ。
なぜなら、この日は鹿留のお神楽の日。
鹿留の3地区のお神楽が、おめでたいことがあった家などを回って獅子舞を舞ってくれます。

我が家も今年からこの地区に週末移住ということで、リオで舞ってもらいました!



正直なところ、こんな本格的な獅子舞とは思っていなかった!
お囃子と舞い手とで総勢15名ぐらい。
リオには入りきらず、笛や太鼓は半分以上外で演奏してくれています。



お囃子部隊には若者たちもたくさんいて、頼もしい!
鹿留沖地区(私たちの住む地区)ラブのかわいい女子たちが、リオに興味深々で、また遊びに来てくれるって^_^ 嬉しいな~。また、近々オープンしなくちゃ!

いつもお世話になっている近所のおばさんMさんと、綺麗で気さくなお嫁さんのNちゃんが、様子を見に来てくれて、勝手のわからない私たちをさりげなくサポートして、盛り上げてくれたのも、本当にありがたく嬉しかった!

こーゆーのが、いいなぁ、鹿留!
本当にいいところです!涙


12:41  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.07.12 (Sun)

【妻】REOオープン?

今日は、鹿留で「天王祭」というお祭りがありました。

こんな風に地区の人が集まっておしゃべりしながら飲んだり食べたりし、



子供達がお神輿を担いで家々を周ります。
子供達は、それぞれの家の前でワッショイワッショイ!とやって厄払いし、ちょっぴりお小遣いをもらいます。

ちょうどいい機会なので、天王祭で近所の方に声をかけ、少し綺麗になったリオに遊びに来てもらいました。
これまでも何度かリオにお客様をお迎えしましたが、今日はいよいよ地元鹿留デビューです^_^







いいですね~。この昭和な感じ。

なのに!看板描きを頼まれたわたす、間違えて「レオ」って書いちゃいました>_<



とほほ。
でも、いい感じでしょ?
因みにこの看板など、木のものは、私の勤め先から譲り受けた古い机や椅子を解体して、ダンナちんが造りました。

ってなわけで、「レオ」の本格プレオープンです(いつまで'プレ'やねん)!



7時ごろからお隣さんや、近所の方たちが来てくださって、第一弾としては大成功!鹿留はお茶目で楽しい人が多くて、本当に楽しくわいわい盛り上がりました(^o^)




みんなでサルサも踊り、鹿留サルサ始動決定!と、勝手に思ってます。

音楽を大音響でかけていたので、「音、大丈夫?近所迷惑じゃない?」というと、「大丈夫、近所はみんなここにいる!」と即答するご近所さんに爆笑したり、酔うほどにいい気持ちになり、帰り際にはすっかりお店と勘違いして、お勘定を払おうとするご近所さんがいたり(実際、昔は店舗だったんですもんね!)、とにかく楽しい、いい夜でした。

お隣のYさんが帰り際に
「じゃ、来週はグランドオープンってことで」と一言残して帰って行かれました~!(^o^)(^o^)(^o^)

次回はいつかな~。
いつもお世話になっている方で今日はたまたま会えなかったり都合が悪かった方もいらっしゃるので、第2弾、第3弾とやっていきたいと思います^_^

サルサナイト(隔週金曜日とかかな~)はもちろん、日替わりバーテンダー企画、歌謡曲ナイト、ディスコナイト、セラピーカフェなど、妄想企画も盛りだくさん!

これから、ますます楽しみだ~!
住むほどに都留が大好きになりますが、鹿留は都留の中でも格別楽しいところって気がします。

恐るべし、鹿留力!

【夫コメ】
『Bar Rio』はお店ではなく、ご近所さんや、お友達に遊びに来て頂くスペースですので、お間違いなく(*^o^*)
23:21  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.07.12 (Sun)

林道を原チャリで!

都留市鹿留から山中湖忍野に抜ける林道があります。夏狩大野線です。

冬季は閉鎖されていますが、春になったら行きたいと思っていましたが、ついに実現!
スタートは鹿留渓谷沿いに登っていきます。


気持ちいい(^o^)/

途中の分岐点。


左の通行止めは、、、



ん?間も無く開通?

どこ行く道だろ、、、
この後、最後の登り坂でオーバーヒート、、、原チャリを手で押して登るのは辛い(≧∇≦)


15分くらいしたら、エンジンも冷えたようで、なんとかかかり、リスタート!

次はこんな看板が、、、


なーるほど、、、


さらに、、、


恩賜林って、そういうことだったんだ~

いろいろ調べたら、山梨県は明治期に度々洪水に悩まされてたそうです。山を森を壊し過ぎた人災ですね。
そして、1時間ちょっとで、二十曲峠に到着!


気持ちいい~(^o^)

残念ながら富士山は見えませんでしたが、見えたら、こんな感じだそうです。

紅葉のシーズンがオススメなのかな?


二十曲峠について、より詳しくはこちらの看板を↓


ここからは降りで、忍野に抜けて、山中湖を目指しました。
途中すれ違った、山中湖名物の水陸両用観光バスのKABAです。



山中湖到着*\(^o^)/*


鹿留から山中湖平野まで、2時間かかりました(*^o^*)

2馬力しかない原チャリ『チョイノリ』では、登りは早歩きくらいのスピード、降りでも自転車に抜かれるという、思わず笑っちゃうツーリングです。

でも、こののんびりしたスピードでしか発見できない風景や、味わえない心地良さが最高です!

林道は多くが舗装されており、道幅は普通車1.5台分くらいでしょうか、、、途中で対向車と道を譲り合う場所もあるので、車でも行けます。
山中湖では、先に東京から到着していた仲間とバーベキュー!


そして、もう25年も前からやっている、こちら、、、


最近は自然に優しいカヌーが水遊びのメインになっていますが、たまにはいいもんですね~。気持ちいい‼️

なんとか、ガソリンなしで、水上スキーできないかな、、、
帰り道は、林道ではなく、道志街道を抜けて都留に戻りました。

もちろん、帰りも峠でオーバーヒートしました(*^o^*)
チョイノリで林道、楽しいです!また、秋に行ってみたいと思いまーす!
22:53  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.04.04 (Sat)

都会をカヌーで!!

スカイツリーの真下までカヌーで行って、花見をしてきました(^o^)/


本来カヌーは、大自然の中でのんびりと漕ぐ遊びです。ここ数年、富士五湖の本栖湖や西湖などで過ごした豊かで心地よい時間をもっと身近に感じたいと思い、山梨への移住を考えたというわけです。

一昨年、なんとなくネットでカヌーのできる場所を調べていたら、都内の川や水路でもカヌーができることを知り、昨年初めてこのスカイツリーツアーを決行しました。

そして、今年で2回目。荒川や隅田川の歴史も垣間見れる楽しい時間でした!

詳しくは、カヌーのブログをご覧ください!

ブログ『カナディアンカヌーはじめまし!
21:41  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.04.02 (Thu)

【妻】番外 つのつくし

「つのつくし」は「津の土筆」です。
ひらがなで書くとわけわかんないですね。
日本語、面白い~。

三重県津市の実家に来ています。
去年見つけた土筆スポットが野焼きでダメになったと聞き、がっかりしていたら、父が新たに見つけたという場所を教えてくれました。



探す必要がないぐらい群生してます。

本当は、頭の部分が固くしまっているのが、苦みがあって食べ頃だそうですが、私は少し開いちゃったぐらいのが好きです。
それに、半分ぐらい開いたのを採ると、揺らしたときに、風に乗って花粉がふわわ~んと飛び、次世代への命つなぎにちょっぴり貢献しているような気分になれるのです。



写真がボケていて見にくいですが、左が硬くしまっているもの、右がだいぶ開いているものです。

鼻歌交じりで小一時間、こんなに採れてしまいました。
東京方面へのお土産はこれにしよう~。



しかーし、土筆は採るのは簡単だけど、袴を取るのが結構大変。



大豆といっしょだなぁ。
でも、この、なーんにも考えなくていい作業が結構好きです。

子供の頃、夏は必ずおばあちゃんちで土筆とりしたな~。
その時は親戚が集まるので、沢山のおじさん、おばさんと、いとこたちと、総出で袴とりをしました。
なんでもないおしゃべりをしながらの手作業。
なんか、楽しいのです。
なぜでしょうね。何もせずにおしゃべりだけしているより楽しいんだな~。

今日も母とおしゃべりしながらの手作業です。

袴を取りながらおばあちゃんのことを思い出していたら、先日ある方と交わした会話を思い出しました。
その方曰く
「ウチのおばあちゃんを見てると、今日のことしかないんだな~って感じなんですよ。朝起きて、さてさて。天気がよければ野良仕事や山菜採り、天気が悪ければ縫い物。疲れたらお茶をしながらおしゃべり。明後日の事なんておばあちゃんの世界になかったな~。目の前のことだけに心を遣って、それがすごく幸せで満たされているって感じなんですよね~」

あー、そうそう。
うちのおばあちゃんもそうだった。
そして、いつもほがらかだった。
「明るい」っていうんじゃなくて、心配がない、というか、うん、やっぱりほがらか。
そして、いつも、ほんのりと何かに感謝してる感じだったな。
手垢がついた言い方だけど、「今ここを生きている」っていうんですかね。

あぁ、そんな生き方がしたいなぁ。



17:08  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.12.22 (Mon)

西桂 わっぱさん訪問

二年前から趣味でカナディアンカヌーを持ってキャンプに行っています。
そして、木村東吉さんが運営している西湖キャンプビレッジノームにもよくお世話になっています。

↓詳しくはこちらから
ノームさんの公式ホームページ

↓ノームさんで遊んでる様子はこちらから
私のカヌーブログをチラ見(^_^)

そのノームさんのFacebook記事で、昨年の夏に無農薬野菜の販売をしているご夫婦がいることを知りました。

西桂町のわっぱファームさんです。
ネットで調べたらブログがありました。
↓こちらです(^o^)
わっぱファームさんのブログ

ご連絡したところ、お会いできることになり、都留のガストでお二人の無農薬の野菜作りや地域に対する熱い思いをたくさん伺うことができました!私も思わず熱く話してしまいました(^o^)

笑顔最高です!

さらに、西桂町でご両親が『とうざんの里』という面白い活動をされていることを知り、是非見たいとうお話をしたら、後日ご案内いただけることになりました!


こちらがとうざんの里の入り口です!




この里の中にある山の上までゆっくり歩いて15分くらいかな。お母様から楽しいお話を伺いながら気持ち良く小山を登ります。

途中の山肌には沢山の木や花が植えられています。


あまりに楽しくて、他の写真、撮り忘れたのが残念(≧∇≦)

小山とは言え、山の上からの眺めは素晴らしく、富士山も見えます!



気持ちいいーーー!!

紅葉が綺麗だそうで、11月には紅葉祭りというイベントも行われたそうです。
↓詳しくはこちらから。
商工会の案内ベージ

所々に炊飯やアクティビティーができる場所があります。こちらでは囲炉裏があってくつろげます。

ここで、松本さんのご両親から、この里を作ろうと思ったきっかけやこれまでの苦労、また今後やりたいことなど、いろいろなお話を伺うことができました。

お父様の子供のころからの夢が山を持つことで、子供達が遊び学べる場所を自ら作りたいという思いから、里山を十数年かかって整備し、少しずつ作りあげたそうです。

そして、同じ思いに共感したお母様も、次々と植樹を進め、今では植物園のような素敵な山里になっています。

里はもちろんですが、何よりも、お二人が本当に素敵なんです‼️

私達夫婦かやりたいことの何倍も大きなことを、すでに実現されている感じです。

西桂町のわっぱファームさんと、とうざんの里は、今後も注目ですね~(^o^)/

【おまけ】
ご両親おすすめのうどん屋さんでお昼を!
三つ峠駅前です(^o^)



これまた旨い!

【妻コメ】
わっぱさん、ほんとに素敵なご夫婦でした。ご主人が三重県の方ということで、実家が三重県津市にある私はそこでも親近感を感じたり^_^

一旦は三重で暮らしたものの、西桂に移って農業を始めたとのこと。奥様のご実家が西桂ということで、てっきりご両親が農に関わるお仕事をされているのかと思いきや、そうではなく、お二人が一から始められたのだとか。
すごいバイタリティーです!
さすが若い2人だぁ~。

都留の「はのさち」さんといい、西桂のわっぱさんといい、素晴らしい若者があっちでもこっちで活躍していて、すごいなぁ~と感心してしまいます。
賢く、楽しい若者がどんどん増えてきている気がする。

とうざんの里は、わっぱさんのお父様が始められたのですが、それをお母様も一緒になって心底楽しんでおられて、「もうもう楽しくてしょうがない!」って感じで説明してくださいました。いい夫婦だなぁ~。

22:01  |  遊び  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |