FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.09.18 (Wed)

災害ボランティア鋸南

2019年9月9日未明に関東を襲った台風15号で、千葉房総半島の広範囲で、突風による家屋や農地などの被害が起こっています。

被害が大きい鋸南町に住んでいる以前お世話になった方から、Facebookでチェーンソー持参の支援要請があり、週末の14日、15日で現地入りしました。

保田の道の駅の壁が飛ばされています。


漁港の観光施設「ばんや」
テレビニュースでも報道されてましたが、屋根も壁も飛ばされています。



14日は鋸南町が受け入れをはじめたボランティアに登録して作業です。8時から開始の受付待ちです。


最初に割り当てられた作業は、土のうの積み下ろし作業。6人で1時間くらいの作業でした。


町役場に戻り、次に要請が来た作業は、一人暮らしのおばあちゃんの家のベランダの壊れた屋根の撤去作業。


作業が終わった後、おばあちゃんがら「お茶でも飲んでって」と言われ、「次の現場があるので」と話したら、「じゃあ、今度、勝山(鋸南町の地区名)に来たら、寄ってってね」と何度も笑顔で言ってくれました。その笑顔が忘れられない思い出になりました。また会いに行きたいと思っています。

そして、また、町役場に戻り、次の要請を待っている間に、持参したおにぎりを食べます。

3つ目の作業は、落ちた瓦の撤去作業と、雨に濡れた畳を干す作業。10軒くらいが被害を受けている地区で、20人でのお手伝いでした。3時間くらいかけて、無事完了しました。





ボランティアの時間は16時までと決められているので、本日ばここまで、町役場に戻って報告して終わりです。



まだまだ、復旧、復興まで時間がかかりそうなのです。義援金や募金もはじまりました。できる事を支援し続けていきたいと思います。







スポンサーサイト



07:32  |  災害支援ボランティア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.09.17 (Tue)

災害ボランティア装備


今回の千葉県の災害支援ボランティアに参加してみて、作業時の服装やあると役立つ装備品を書き留めてみました。(他のサイトも参考にしました)

【服装・装備】
・長袖長ズボン
・着替え服・下着
・帽子
・靴(安全靴または安全中敷)
履き慣れたトレッキングシューズなど
底が厚くてすべりにくく防水タイプの
靴に安全中敷がおススメかな
・丈夫な靴下
・ゴム張り軍手
・タオル(首に巻けるもの)
・ティッシュ
・大型ウエットタオル
・マスク
・ゴーグル
・レインウェア(上下に別れたもの)
・防寒着・カイロ
・携帯・充電器・予備バッテリー
・ヘッドライト
・予備電池
・リュック(手ぶらになれるように)
・ウエストポーチ(貴重品入れ)
・水(1日1から2リットル)
・保温マグまたは小さいペットボトル
・自分の食物(1000kcal/1食)
・箸
・おやつ・飲み物・アミノバイタル
・ビニール袋(大・小)
・保険証
・身分証
・絆創膏・とげ抜き・テーピングテープ・常備薬
・ボールペン・メモ帳
・ボランティア保険書類
※地元の社会福祉協議会で加入しておき
ましょう。ネットでも加入できるサイトが
開設されました!(年間350~710円で加入可)

ボランティア保険ネット加入へリンク


【手持道具(腰に付ける・あると役立つ)】
・鉈(なた)
・鋸(のこ)
・万能バサミ
・げんのう(とんかちです)
・ペンチ
・ドライバー

【車なら】
・予備ガソリン
・長靴
・上履き
・ヘルメット
・シャベル(大型)
・バール(大型)
・ハンマー(大型)
・掛矢(木槌)
・鍬(すき)
・鋤簾(じょれん)ドブさらいなどに
・ワイヤーカッター
・丸ノコ
・発電機
・チェーンソー〈ガソリン・オイル〉

【泊まりなら】
・寝袋
・銀マット
・カセットコンロ・キャンプコンロ
・小型鍋
・トイレットペーパー
・ろうそく・ライター(マッチ)
・ランタン
・携帯トイレ

思いつく限りあげてみましたが、身軽に動けることも重要です。現場の状況に応じて臨機応変に対応できるようにしたいですね。

↓写真は車のトランクに積んでいった道具です。






22:30  |  災害支援ボランティア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |