2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.03.31 (Fri)

【妻】批判すること

批判することを良しとしない人がいます。
一方で、世の中が悪い方向に進んでいるのに、批判もせずに無関心を決め込んでいることを良しとしない人もいます。

私は長い間、批判することに対する違和感と、批判は極力したくないという呪縛に囚われてきたように思います。

最初に批判ということを意識したのはマザーテレサの「私は反戦運動には参加しません。でも、平和のための活動になら喜んで参加します」という言葉を知ったのが、きっかけでした。

「ふむ、そうか」とズシンと来て、その後、自分の経験からも、「ミイラ取りがミイラになる」ことはいくらでもあって、そこら中に転がっている現象であることに気づいてみたりしました。批判している人が、自分が批判している人とそっくりのことをしている(もちろん、矛先は違います)という、あれですね。

あと、子供のころに、あさま山荘事件が起きたりして、批判しすぎる人や集団がどうなっていくのか、「正義」がいかに恐いものとなりうるかを、言語化できないレベルで、子供心に感じ取ってきた世代であることも、関係あるかもしれません。あれはとにかく強烈でした。

でも、自分に火の粉が降りかかってきているのに、それを跳ね返すための声すら上げずにいることと、私が恐れてきた批判とは、ちょっと違うんじゃないかと最近思います。

以前、テレビのドキュメンタリー番組で、ヒトラーが台頭してきた当初は、多くの人が眉をひそめながらも、「あんなバカな人たちが主流になるわけがない」と甘くみているうちにあれよあれよという間に勢力を増し、権力を掌握し、言いたくても何も言えない社会になっていたというような流れを追っていて、うわぁ~と思いました。

そんなこともあり、今は、自分の中で、前ほど批判がタブーではなくなっているのですが、私が批判的な発言をするときに、なんとなく気にしているのが、「批判することで気持ちよくなっていないか」ってことです。

「正しい者」として批判する気持ち良さとか、「何らかの危機や危険性に気づいている者」として鋭く批判する気持ちよさといったものが、心の中にくすぶっているようなら、一旦保留します。

無肥料無施肥の農法を伝える岡本よりたかさんが、Facebookでこんな投稿をアップしていました。

「何かを批判しないとアイデンティティを保てない生き方は嫌だな。優れた物を見つけて称賛する。ディスリスペクトではなくリスペクト。そんな生き方をしたいね。おやすみ。」

マザーテレサと、言ってることは同じなんだけど、「何かを批判しないとアイデンティティを保てない」という切り取り方に、なるほどと思いました。あさま山荘事件の火中にいた人たちは、まさに批判をすることがアイデンティティになっちゃってたんだろうな。

というわけで、「批判は諸刃の刃」ってことを心に留めつつ、そういった考えにも囚われすぎずにやっていきたいなぁと思うこのごろでした。

スポンサーサイト
02:02  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.31 (Fri)

【妻】人生最後の冒険

人生も折り返し地点を過ぎ、少しずつ死を意識しながら生きています。

特に、我が家は自分の未来を託す子供もいないので、その分、死に向かって生きているのだというシンプルな事実がリアリティを持って感じられるような気がします。そして、生きている限り誰もが死に向かって老いていくというこのシンプルな事実は、全ての人に与えられた、なんというチャレンジングな課題だろうかと、時々思います。

最近、世の中の風潮を見ていると、「幸せ=思い通りの人生=自分に都合のいい人生」という図式があるように感じます。そして、この図式の中で人々は幸せを願う。そうすると、自分に都合のいいことばかりが起こる人生を目指すことになります。

でも、誰でも、若死にしない限り、少しずつ歳をとります。ある年齢を過ぎれば、加齢とともに少しずつできることが減って行ったりするのも自然なことでしょう。見た目だって多かれ少なかれ変わっていきます。そこだけ見ても、そんなに都合のいいことばかりじゃないのが人生なんじゃないかなぁと思うわけです。

それなのに、都合のいいことばかりが起こる人生を目指すってのは、却って苦しみを生み出してしまうんじゃないかなぁ。

むしろ、思い通りでなくても、少しずつできることが減っていったとしても、それを受け止めてなお、幸せを感じられることの方が、すてきだなぁと、今の私は思うのです。

そういう意味で、死に向かって老いていくということは、人生最後にして最大の、ちょっとワクワクするほどのチャレンジなんじゃないかと思います。「それを受け止めてなお、幸せを感じられる私」であるために、どのような生き方(あり方)ができるのか。それを私自身にききながら、一瞬一瞬を生きていくことを、こつこつとやっていきたいなあと、思うのです。

ってなわけで、意味深なタイトルのその心は、「死にむかって老いていく冒険」でありましたとさ。
02:01  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |