2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.01.01 (Mon)

ブログはじめました!

2014年5月からブログを書いています。

ブログをはじめたきっかけは、こちら(^O^)↓

ブログ「はじめに」

ブログを始めた理由やら、初めの頃の初々しい感じやらが出ていて、いま読むとちょっとくすぐったいですが、私たちの最初の想いが書いてあります。よかったら、覗いてみてください♪


スポンサーサイト
16:52  |  ご挨拶  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.13 (Mon)

里芋豊作です!

今年の春に、里芋の種芋を田んぼの畦や畑に植えてみました。

夏には立派に育ち、、、


そして、先日、収穫したところ、、、


豊作でーす!


そして、『きぬかつぎ』

ホクホクで美味しかったです^_^

翌日は、『味噌と醤油の煮っころがし』


旨い!

まだまだ、沢山あるので、かみさんが、保管用に畑に掘った穴です。


しばらくは、色々な里芋料理が食べられそうでーす!

22:25  |  野菜全般  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.02 (Thu)

土壌検査やってみる

NOSAI(農業共済制度の組織名)の組合員になると。年に一回、土壌検査や米の品質検査を、一箇所300円でやってもらえます。

我が家は農家ではないので、NOSAIには入っていなかったのですが、自宅の火災保険に加入すれば会員になれるとのことで、これを機に加入して土壌検査をしてみることに。

今年の田んぼは、復田後の昨年にくらべると、土も改善してきたように思いますが、まだ窒素過多のようで、場所によって葉の色が濃すぎでした。

そこで、葉の色が濃かった場所と、黄緑色のいい色だった場所の二箇所を検査してみることにしました。



こんな感じで、15㎝くらいの穴を掘りながら、少しずつ土をとっていきます。一箇所につき30gの土を5箇所、合計150gとって、乾かします。

これを二箇所やって、それぞれの場所で取れたお米と一緒に提出します。

そうすると、来年1月にJAの方が田んぼまで、結果報告と指導に来てくれるそうです。

どんな結果がでるのかな~^_^







21:23  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.02 (Thu)

米の収穫量計算

2017年度の収穫量計算をしてみました。

籾の状態で乾燥後6袋。

(ミラーボールに照らされる我が家のお米:サルサ舞こしひねりです。)

1袋30kgとして、合計180kg。

白米にすると通常だと70%になるので、126kg。しかし、まだまだ、未成熟なお米が多く、105kgくらいでした。

日本人の大人が平均的に食べるお米の量がひとり年間60kgだそうですが、これだと一人一日一合ちょっとです。

【解説】
米1合は150g、1kgで6.6合なので、60kgだと396合。365日毎日食べて1日1.1合,



我が家の田んぼの広さは約3畝。収穫量を1反に換算すると、籾で600kgです。慣行農法の目安が1反で600kgなのでぴったりだったのですが、部分的に生育が悪く、10%程度、はじかれてしまいました。



来年度の目標は。収穫量10%向上かな(^ ^)



20:54  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.10.31 (Tue)

脱穀~精米まで!!

稲刈りしてハザがけした後、毎週末が雨か続き、なかなか脱穀ができない、、、(>_<)

やっと腫れが2日続いた10月27日(金)に脱穀することに。助っ人を会社の同期にお願いして、男二人で作業です。

脱穀機は、お友達のはのちゃんからお借りして、軽トラに積み込み我が家の田んぼへ移動。


早速脱穀開始!


順調にスタート!

と思いきや、脱穀機のエンジン停止、、、

あれこれ調べたら、どうらや脱穀機のダクトに籾(もみ)がつまっているらしく、、、

しかし、籾の取り除き方がわからず試行錯誤、、、

籾がつまった原因は、エンジンの回転速度の調整を失念していたためです。はのちゃんに事前に教えてもらったのに、、、

約1時間ロスしたものの、トラブルのおかげで脱穀機の構造がよくわかりました^_^;


その後はスイスイ!


トータル3時間で終了!


そして次は籾摺り(もみすり)です。

近所のコイン精米所が籾から玄米に精米できることを知り、早速行ってみました。(多くの精米所は、籾から直接白米になってしまいます)



ところが、10分もしない内に今度は精米機が停止、、、

オーナーさんに連絡して来ていただき、機械の整備に格闘すること3時間。夜の11時までかかって、なんとか機械の整備は完了しました。原因は、藁(わら)が多く混じっていたことと、籾の水分量が多すぎたことで、籾や糠(ぬか)が、詰まってしまったためでした。

完全にこちらが悪いにもかかわらず、精米機のオーナーの方は、「大丈夫ですよ、見ただけでは水分量なんてわからないですからね、、、」と優しく笑顔で応対してくれました。

なんていい人なんだ、、、と感動してしまいました。

脱穀機に続き、精米機の構造も把握することができ、充実した一日に、、、^_^;



後日、お米を乾燥機にかけてもらいに行きました。

こちらが乾燥機で、一昨年もお世話になった方にお願いしました。

大きな農家さんは乾燥機も持っているそうです。


水分量14.7%まで乾燥しました。


そして、再度、精米機にチャレンジ!


無事、精米できました。ほっ^_^

試しに白米モードで精米した写真です。


そして、朝ごはん!


美味しい。美味しい?



うん、美味しい‼️



その後、しみじみと喜びが、、、(涙)


二年ぶりの、我が家のブランド米です!


苗づくりから田植え、草取り、稲刈りと、この半年間、いろいろな事がありましたが、最後の脱穀籾すりまで大変な、、、いや、学ぶ事の多い脱穀になりました、、、

脱穀に12時間以上つきあってくれた同期のおんちゃん、そして、この半年間、お手伝いいただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

ごはん食べにきてね~^_^









07:34  |  稲作2017鹿留  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT